スポンサーリンク
スポンサーリンク

【好きなもの】岡崎順子さんのお雛様の魅力に迫る。お雛様は自分のためにも飾りたいひな祭り

スポンサーリンク
好きなこといろいろ

2月になると、うずうずしてくるのです。

あぁ、早くお雛様を飾らなくては

娘が健やかに育ち結婚して幸せになれますように。

そんな娘への願いを込めて?

・い・え┐(゚⊇゚)┌

健やかに育って欲しいとは思っています。でもね、

幸せはなるものではなく感じるもの。
結婚で幸せになれるなんて思っちゃいない。
たとえ結婚をしなくても自分なりの幸せを感じながら自分の人生を歩んで欲しい。

わたしがお雛様を飾りたくなるのは自分のため。
良妻賢母じゃございません。

岡崎順子さんのお雛様を早く眺めたいからなのですԅ(♡﹃♡ԅ)

で、早速飾る。

岡崎順子さんのお雛様を飾ろう

福岡県糸島在住、陶房・芽 陶芸家 岡崎順子さん

岡崎順子さんのお雛様はなまらかわいい。

初めてご覧になる方、油断は禁物。

ズキュン💛ときちゃうんだから。

このお顔。

あ~愛おしすぎる。
このお顔を見ながらしばらくまったりできる。

口角が上がっているのよね。
見ていると私の口角も上がる(*’▽’)

見飽きない。

お釈迦様のようです。信仰深くはないけれど。

神々しさまで感じられる。

手を合わせて1日2回は拝んでしまう。

無事に1日が過ぎますように。
今日も1日ありがとうございました。

あざとい煩悩の塊のわたしの心が岡崎順子さんのお雛様の前でだけは綺麗な心になっているではないか。



ピンク色というよりは桃色。

水色というよりはしずく色。

赤色というよりは紅色。

この色使いが神✨

こういう色の絵付けって、相当難しいのだろうなぁ。

そして、このセンスに惚れ惚れしてしまう。

こんな素敵な作品を自ら生みだすことのできる女性、岡崎順子さんの才能が素晴らしい。

作品一つで人を癒し、感動させることができるなんて憧れてしまいます。

一体どんな女性なのだろうかと妄想が膨らんでしまうのです。

福岡県糸島在住っていうのも素敵。

やっぱり南の方角なのね。

北ではないと思っていたけれど。

暖かい町で作品を丁寧に心を込めてひとつひとつ作られているのでしょうね。

岡崎順子さんの世界観とジブリの世界観、さらにはNHKの朝ドラ「スカーレット」の世界観をミックスしてしまう。
Superfly-フレアが流れてくるぅ

三人官女、五人囃子も、ほっこりしたお顔。

焼き物のぬくもりも伝わります。

見て分かる。

優しいやつやん。

五人囃子を向かい合わせてみたり、三人官女をお喋りしているように配置したりして、

年甲斐もなく、お人形遊びかよ(´▽`*)


子供の頃に外を駆けずり回り、お人形遊びなどしたことのないアラフィフ女が、年甲斐もなくお人形遊びを楽しんでしまうくらいに魅惑的なお雛様なのです。

入っている箱までもセンスを感じます。

赤い蓋の箱

毎年この赤い蓋を開ける時に、お雛様に会える幸せを感じるのです。

uchi
uchi

お久しぶ~り~ね~♬ song by小柳ルミコ


娘の名前をプレートに入れてくれました。

そうなると、
自分の名前のやつ欲しい。


自分のためのお雛様が欲しい。

すでに嫁となって21年目ですけど、自分の名前の欲しい(*’▽’)

こんな気持ちになるのって、わたしだけじゃないと思うんです。

ご自分のお雛様を購入しちゃう母って多いと思うんですよね。

別バージョンで小ぶりのお雛様 豆雛も販売しているので、自分のためになんとか手に入れたいと企んでいるのです。

サイズもコンパクトで、マンションなどの白い壁にぴったりなんですよね。

娘がもし嫁に行ったとしても渡したくはない。
手放すことを考えると優しい気持ちになれない罪な奴。

五月人形もあるのです。
それも喉から手が出るくらい欲しいのですが、2号が産まれた時にはまだ岡崎順子さんの存在を知らず、伊達政宗の兜を買ってしまった無念

でも五月人形もいつか欲しい。
息子のためではなく自分のために。

1月から12月までの何らかのイベント(例えば節分、花見、夏祭り、お月見、ハロウィンとか)
その全てに岡崎順子さんの作品があれば、毎月飾って心の癒しとなるであろうに。

簡単には買えない。とても人気なのです。

大量生産ではないのです。

岡崎順子さんがひとつひとつに優しさと愛情をこめて制作しているので数に限りがある。

1年のうち1月~2月にしか販売されていません。

予約も受け付けていないのです。

わたしが手に入れたのは、欲しいと思ってから1年後。

それから毎年、お雛様を飾るのが楽しみで2月になったらすぐ飾ってしまう。

購入できるのはこちら↓



どちらのショップも素敵な作家さんの陶芸品がたくさん。

うつわやフラパニさんの実店舗に発売日に行けば購入できる可能性は高いようですが、北海道から九州へお雛様だけを買いに行けるほどのお金も気持ちも余裕はない。(/_;)

どちらのショップもWEB販売していますが即完売です。


わたしはSAWARAGIさんのWEBで購入したのですが、発売開始5分程度で完売。

開始時間に合わせてPCの前で待機していなければと買えません。

初年度は油断して発売開始時間を過ぎてからPCを開いたために既に完売。

その無念さといったら・・。涙を呑んで本気で九州まで行こうかとも考えたくらいです。

いつでも購入できるのならば、九州へ旅行する時にお店を訪問することも可能でしょうが、1月~2月下旬の発売日にしか買えない。


1年間ただただWEB販売される1月~2月下旬を待ち続けてようやく手元に置くことができました。

わたしが可愛いと思うのですから、同じ気持ちの人の多い。
人気料理ブロガーさんもご紹介されていたので、当然人気も高くなります。

そうなると、転売目的で購入する方も増えているようです。

本当に欲しくて大切に持ち続けてくれる方の手へ。
岡崎順子さんの魂がこもっている作品なので転売目的の購入はやめていただきたいのですけれど。

とは言うもののこれが、人気の証ということなのでしょうかね。

気になるお値段は?


価格は48,400円 送料別途

安くはない。うん

手作りなので当然(^^;

3段飾りの他に、お内裏様とお雛様のみの豆雛もありそちらは7,700円です。

五月人形もあるんです(´▽`*)

岡崎順子さんInstagramより



超かわいい。

ヤバい、震えるくらい可愛い。

兜も金太郎と熊も鯉のぼりも~!!

金太郎と熊なら一年中飾れそうだぁ。

優しい色使いと、金太郎と熊さんの表情がたまらん。

「熊」じゃない、「熊さん」とさん付けで呼びたくなるんです。

更年期な女が優しい気持ちにさせられてしまう。

もしこれが手に入ったら、きっとまた年甲斐もなく飾りながらお人形遊びをしてしまうに違いない。

金太郎と熊さんでお相撲させちゃおうかな(*‘ω‘ *)

そして毎日拝むであろう。


岡崎順子さんの作品は、お皿や箸置き、カップ・・作品はすべてにぬくもりを感じます。

岡崎順子さんの飼っている犬も超かわいい(笑)

Instagramではその犬の餌が入ったお皿も可愛かった(*’▽’)

犬の餌が入ったお皿もほおずりしてしまいそう。

まとめ

以上。

ひな祭りまで拝み倒して眺めて楽しみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました