スポンサーリンク
スポンサーリンク

【コストコ】プレスンシールでお弁当準備に余裕を持てる

スポンサーリンク
コストコ

新学期がスタートして、看護学校に通う1号は自分でお弁当を作って持っていくことになりました。

作る・・・というよりは詰めるが正解。

看護学校の入学式の後、学校側から保護者説明会があり、学生達の食に関して保護者にお願いしたいとお話がありました。

看護学生は体力勝負。
カップ麺だけの昼食をとる学生も多く、貧血、片頭痛を引き起こす原因となるとのこと。
学生達は若いけれど、「食」を大切にして欲しい。
栄養のある昼食を食べて欲しい。
そんなお話をされました。

ある程度のお弁当おかずを作り置きして、朝お弁当箱に詰める。
6時30分には家を出なければ間に合わないので、朝の時間は貴重です。

1号が女子高生の頃も、数名の同学年のお友達は自分で作ったり、詰めたりしていたそうで。偉いなぁと感心していたのです。

本人もお弁当に関してはやる気になっていたので、一緒に作り置きを作る日曜日。

作り置きメニューはこんな感じ

今日作った作り置きお弁当おかずはコレ。

  • 鯖の塩焼き
  • 鮭の塩焼き
  • おつまみ長芋
  • さつま芋の甘煮
  • 小松菜と油揚げの和風和え
  • ブロッコリーの塩ゆで
  • ほうれん草の塩ゆで

たいしたものではありませんが、お弁当で大事なのは隙間を埋めることだと思っています。
メインの具は前日夕食のから揚げや炒め物を少し取り分け。
肝心なのは隙間です。

隙間を制す者はお弁当作りを制す。
そう思って3年間、1号のお弁当を毎日作り続けました。

冷食と作り置きおかずさえあれば、朝の身支度戦争に勝利できるのです。

おつまみ長芋

セブンイレブンのお惣菜で「鰹だし醤油で食べるおつまみ長芋」という商品があります。
1号が好きで私も食べてみたところハマる。
鰹だしと長芋のコラボが病みつきになります。

お酒のつまみに最高♫
自宅でも簡単に作れます。

長芋を角切りにして、鰹節と顆粒だし、白だし、醤油で和えるだけ。
梅肉を一緒に和えても美味しいです。

それと、さつま芋の甘煮。
お弁当のおかずにちょっと甘いものが欲しい時に便利。
定番のお弁当おかずですね。

どちらも冷蔵庫で4、5日は保存出来るので、月曜日~金曜日の間で数回お弁当おかずに投入できるありがたさ。

プレスンシールが大活躍

そして新しく招き入れたコストコの商品。プレスンシール。



これは、お弁当の作り置きに大活躍です。
本当にお勧めです。
鮭や鯖をお弁当にちょうど良いサイズであらかじめ焼いておいて、1回分ずつ簡単密封で冷凍出来ます。

今回は、鯖と鮭、ブロッコリーでプレスンシールを使ってみました。

お弁当サイズに切って焼いた鯖や鮭をプレスンシールで密封して切り分けて、タッパーに入れて冷凍します。


きっと几帳面な方なら、もっと美しく密封できるのでしょうが、私自身はそこまで丁寧な人間じゃないので、この程度(笑)

でも、本当に便利です。

ブロッコリーは夕食のサラダで食べる分はタッパーで保存し、お弁当分は1個ずつプレスンシールで密封しておく。
ブロッコリーをプレスンシールをする時は、しっかり水気を取るのがポイントです。

お弁当に入れるブロッコリーは栄養はもちろんですが、彩の役目としても大事。
でも、2個も3個も要らない。
1個で十分なんですよね。

夏場なら冷凍のまま朝に投入しても丁度良いかもしれません。

冷凍して、2週間以内に使い切るようにしています。



鮭は、お弁当に入れても良し、朝食のお茶漬けに入れても良しなのです。
お茶漬けに冷凍のまま入れて熱湯をかけると、お茶漬けもすぐに食べられる温度になり忙しい朝にはピッタリなのです。

朝から鮭を焼いて洗い物が増えるのはマジ勘弁なので、月に2回程度まとめて鮭を焼いてプレスンシールして冷凍しておきます。

レンジで温めるとおにぎりの具としてもすぐに使えるので重宝しています。

便利なお弁当おかずの作り置き

週に1度、月に数回、なんとなく作っておくのがお弁当おかずの作り置き。
毎日のことなので、無理をすると疲れてしまいます。

毎日お弁当を作ることが一番大事なのです。
そんなに華やかである必要もなく、
栄養がそれなりに整っていて、
朝の限られた時間で隙間なく完成することが優先されます。

今週は、一昨日作った煮卵も丁度良い具合になっているので1号が詰めるおかずに困ることは無さそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました