スポンサーリンク
スポンサーリンク

夕食のカレーライスは何日続く?「横濱舶来亭カレーフレーク」はレストランの味。

スポンサーリンク
料理あれこれ

今日の夕食はカレーライスでした。
以外の家族は全員カレーライス好き人間です。


しかし料理を作る私自身がカレー好きではありません。
なので、食卓にカレーライスが登場するのは月に1度か2度程度。

カレー嫌いになったのは幼少期の経験

幼い頃、カレーライスが夕食に登場すると、次の日もカレー、その次の日も大抵はカレーでした。
3日続けば、大量に作ったカレーはようやく無くなり終了。

いったい何日続くんだ?とブルーな気持ちになったものです。


ジャガイモとニンジンと豚肉がたくさん入ったカレーライスでした。野菜も食べさせたかった母心だったのでしょう。
当時、西城秀樹さんの「リンゴと蜂蜜~♬」のルーで作っていた記憶があります。


男兄弟はカレーライスが大好きで、喜んで食べていたので母もよく作ってくれていたのだと思います。


男性の好きな料理の第一位はカレーライス
鉄板中の鉄板。
絶対王者として君臨しています👑

兄弟は3日間カレーが続くことに何の苦も感じない、むしろ嬉しい夕食のメニューだったのです。

カレーは飲み物だ!なんて誇らしげに言っているのを冷めた目線で返していた幼き私。

なぜ???
濃い味のものを早く食べられるから?
食欲を素早く満たせるから?
飲み物みたいに掻っ込めるからか?
ルーの中に男にしか感じないスパイスが入っているのか?



女性の好きな食べ物ランキングトップ10にはカレーは入っていないらしいです。
うん納得。

小さい頃は偶然にも、給食がカレーだった日の夕食がカレーだったりすることもあるあるでして。
そうなると、昼、夜、夜、夜と・・・

もうもうもうウンザリなカレー地獄。


食べ物に文句をつけると母に怒られましたし、私も出された食事に文句を言う人をあまり好ましくは思わないので、我慢はしていましたけどね。

そんな経験から、カレーライスの味は嫌いではないけれど、特に食べたいとは思わない食べ物だったのです。

自分で作る立場となりカレーに対する思いに変化

ただ、大人になり主婦となった現在では、嫌いでは無くなったのです。
なんなら、少し好きになった。
理由は二つ。

作るのが楽。
エバラ横濱舶来亭カレーフレークを買うようになったから。


玉ねぎとニンジンをざっくり切って肉と炒めて煮込めば終了。
そしてこの一品で済む。

トマトサラダでも追加しておけばOK。
母が良く作っていた理由もこれか?

ブロック肉の時は圧力鍋を使ったり、ちょいと値段の張る牛肉を入れたりとバリエーションを変えたとしても、味付けに失敗することは絶対に無いのがカレーライスの良いところ。


そしていつも使っているルーはこちらのエバラ横濱舶来亭カレーフレーク

エバラ横濱舶来亭カレーフレークは大満足な味

固形のカレールーではなくフレーク状になっています。
私はどのカレールーより一番美味しいと思っているのです。
味の好みは人それぞれですけどね♪

原料に野菜・果実(トマト、オニオン、ガーリック、リンゴ)とチャツネ、乳製品、チキンエキス、ビンダルペーストといった液体原料を使用しています。

液体原料を多く使用すると、水分を蒸発させるための加熱時間がかかり大量生産に向かないため、通常のカレールウでは粉末原料を使用することがほとんど。

しかし、液体原料を使用し時間をかけて煮詰めた方が、独特の味・香りが全体に行き渡りおいしさが増します。

そのため「横濱舶来亭」では、あえて手間と時間のかかる液体原料を多く使用しているのです。

エバラ横浜舶来亭ホームページより引用

美味しさの秘訣は液体原料を使用しているからなのですね。
開発者の方々の努力が表れております。
感謝感謝です(^^♪


価格は固形のカレールーより200円程高め。
しかし味は絶対的神°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

特にビーフカレーの時に威力を発揮すると思います。

コストコで安く大量買いした牛肉を炒めて、横浜舶来亭カレーフレークで作るカレーライスは絶品です。
カレーライス推しではない私でも、月に1度は食べたくなる味なのです。

一袋でちょうど6皿分。
家族は皆、牛肉をたくさん食べたい欲からたっぷりとルーをかけるので、残食ゼロ。
なんなら、奪い合うほど(^^;
翌日に残らず鍋も綺麗になるのも嬉しい。

カレーは鍋を洗うは、ちょいと手間ですものね。


今日のカレーライスも完売でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました