スポンサーリンク
スポンサーリンク

絶品!鱈の白子は天ぷらがおすすめ。~北海道の食卓から~

スポンサーリンク
uchiのこと

鱈と白子をいただきましたので、早速お料理してみました。

鱈の白子の見た目はグロイ

新鮮な白子はこんな感じで
色が綺麗なうすいピンク色。
これぞまさに新鮮な白子!

小さい頃は見た目が脳みそに見えて怖かった。
うん、ちょっとグロイですよね。

しかーし!!このような新鮮な白子の本当の美味しさを知ってからは、グロイなどと思いもしない。

舌が味を覚えているのですよ。

鍋に入れても、ポン酢を掛けてもよいのだけれど、一番のおすすめは

天ぷら

こんな風に一口程度の大きさにちぎります。

筋がついているので、それに沿って手で分けるとやりやすいです。
強く掴んだり、包丁で切るとせっかくの柔らかい美味しい部分がほどけて無くなってしまうのです。
白子って繊細なのね。

一口サイズにしたら、天ぷら粉でカラリ揚げるだけです。

私が使っている天ぷら粉はこちら↓

その名の通り、本当にこつはいらない。
だれでもサクサクに天ぷらが揚げられちゃうのでおすすめです♪

Amazon | 日清 コツのいらない天ぷら粉 揚げ上手 300g | 天ぷら粉 | 通販
Amazonパントリーでは日清 コツのいらない天ぷら粉 揚げ上手 300gがいつでもお買い得。 天ぷら粉など毎日使うものが単品から購入可能。欲しい物を欲しい分だけ、まとめてお届け。手数料290円OFFキャンペーンやクーポン割引なども随時実施中。

表面に小麦粉を少しまぶして、そのまま天ぷら粉にIN。

表面にサラッと天ぷら粉をつけて、180度の油へ投入。
それほど油ははねないので安全に揚げることができますよ。

これがイカゲソだと命がけ。フェイスシールドをしないとやけどしちゃう。

今日は

  • 麻婆豆腐
    白子の天ぷら
    ピリ辛こんにゃく炒め
    京都の千枚漬け
    本日も土鍋ごはん

先日届いた九州米。あまり美味しくなかったのですが、ここ最近、水の量を少し増やして、水につける時間(うるかす時間)も1時間にして炊いたところ、かなり美味しく炊けるようになりました。

土鍋ごはんは、お米のブランドによって炊き方、水につける時間(うるかす時間)も調整するとどんどん美味しくなることが分かってきたような・・・。

外はカラッと、中はじゅわっと白子の天ぷらは期待を裏切らない

サックサクの衣に、かじると甘い白子がじゅわっと口の中にとろけて広がるぅぅ!!

あっつあつの白子を、「ほっほっ」と口の中でやけどしないようにほおばりながら、ビールで一気に流し込む🍺
サクッととろ~りのミックス。

お。い。し。い♡ 「たらちゃ~ん」

あぁ、白子大好きです。

タレにつけても良いけれど、お塩でいただくのが最高なのです。

実家の母から京都の千枚漬けが届く

以前、母を連れて京都へ旅行した際、千枚漬けをし試食してからこの味の虜になってしまいました、

上品で優しい味。

昔はあまり好きじゃなかった千枚漬け。
大人になってからこんなに好きになるなんて、味覚は年齢と共に変わっていくものなのですね。


子供達も大好きな千枚漬け。
奪うように食べる姿に上品さのカケラもなし(笑)。

こちらは、とり市老舗さんの千枚漬け。

丹波産の聖護院かぶを使用している千枚漬けです。

聖護院(しょうごいん)かぶは、害虫などの影響を受けやすいデリケートな野菜で京都を代表する京野菜です。京都市内の学校給食にも使用されているんですって。


甘くてすこしすっぱくて、お酒にもお茶にも合う千枚漬け。

お茶漬けやおにぎりの横にちょこんと添えてあると叫びたくなるくらいに嬉しい( *´艸`)


簡単に、量もほどほどに、子供と一緒に作るのが夕食の鉄則

単純に面倒くさいということもありますが、夕食は簡単に、ほどほどな量でを心がけるようにしています。
明日のお弁当のおかずとして、少しだけ取り分けておくことは鉄則。

豪華な夕食とはいきませんが、手作りで温かい料理を無理をしない程度に。

野菜をたくさん摂取しなきゃ!とかたんぱく質が、ビタミンが・・と意識しすぎると疲れてします。
なんとなく、ほどほどに野菜とお肉と魚のバランスが保てていれば良いのです。


そして、なるべく1号と2号にお手伝いしてもらいながら一緒に作る。
お手伝いは大切なのです。

もちろん家庭学習も大切ですしお勉強を自らたくさんしてくれるならそれに越したことはない!
しかし、そんなに期待もしていない子供たちの学力(^^;

親の私も自慢できるようなもんじゃないですから(笑)

でも料理や家事は生きていくためには必要だと思うので、そのくらいは楽しくね。
美味しいものを作って食べると、楽しいしものね。




本日は、北海道ならではの鱈の白子の天ぷらと、京都の千枚漬け。北国と関西のミックスでした(*’▽’)

コメント

タイトルとURLをコピーしました