スポンサーリンク
スポンサーリンク

土鍋ごはんを囲む夕食。冬の北海道を暖かく過ごす必殺技。

スポンサーリンク
うちのくらし

雪の季節となりました札幌市。
部屋を暖かくする工夫、夕食を温かく食べる工夫として土鍋ご飯で生活しています。

ちょっとだけ、暮らしを大切にしてる感がでるのがお気に入りなのです。

ガスコンロでお弁当と朝食を作ることで暖かくなる室内

オール電気に憧れはありますが我が家はすでに築20年以上。

昔ながらのガスコンロキッチンです。

ガスコンロの良いところは、料理をすることで部屋がとたんに暖かくなることです。



朝はパン食が定番な我が家。

平日の朝は時間も無いので手早く手軽に済ますのが日課です。
1号のお弁当作りから始まる朝ですが、室内が寒いのでまずはガスコンロに火を入れスープ用のお湯を沸かします。

私は温めた豆乳を飲みながらお弁当と簡単な朝食作り。

パンとヨーグルト、バナナ等のフルーツに即席スープか前日の残り物スープ。
こんなシンプルな朝食ですが、朝食が出来上がる頃には北海道の冬とは思えない程に部屋は暖かくなっています。


夕食は土鍋ごはんで暖かい室内

帰宅して夕食作りに取り掛かる時、最初に土鍋にお米をうるかします。

グラスに今日のご褒美ビールを注ぎながらあれこれ料理を作り出す。

クリスマス月間なので、YouTubeとスピーカーをBluetooth接続してクリスマスソングのボサノバversionか、jazzversionを聞き流しながら。

uchi
uchi

大人になったなぁ自分・・・

そんな事を考えながら、2号の家庭学習の様子も多少なりとも気にしながら、夕食を粛々と作ります。

余談ですが2号は4年生。算数でha、aの勉強中。

2号
2号

ママこれ、合ってる?

100m×100m=10,000㎡=1ha
10m×10m=100㎡=1a

uchi
uchi

考えると、い、息がつまりそうになるわ(=_=)

自分で確かめてね~・・教科書見てね~・・。
1号の時なら一緒に教科書で確認していたけれど、2号にはそこまで出来ないダメなママ。

さぁ、夕食作りに戻りましょ。

土鍋に火を入れると15分で炊きあがるので、夕食作りのゴールはすぐそこ。
料理支度の後片付けへと入り、洗い物を手早く済ませます。
土鍋の沸騰が終わったら火を止め、料理の盛り付けへ。

その間が土鍋ご飯の蒸らしの時間です。

ガスに火を入れてから土鍋の沸騰までの時間のお陰で、夕食を食べる頃にはが部屋はポカポカです。

  • 回鍋肉
  • つきこんにゃくの子和え
  • サーモンのお刺身
  • とろろ納豆


大根の味噌汁を作るの忘れたーーー💦

こんなもんですわ~・・。

ただ、ただ、普通の夕食です(笑)

コロナに感染しないように、免疫力アップ↑には発酵食品が良いと聞いたので毎日納豆生活を続けております。


免疫力あげていきましょうね♪



ちなみに最近のお気に入り納豆はこちら↓

私が愛用している土鍋はこちら↓

コメント

  1. ミミ より:

    うるかす ?! ほほ~、調べたら北海道の言葉なんですね。新鮮な響き!子和えも初耳!!暮らしのホクホク感が伝わるエッセイが大好きです。記事を参照して初めてふるさと納税したのです、品選び楽しかった〜。この場を借りてありがとう(^^)

    • う・る・か・す!普通に使ってしまったΣ(o>艸<) お米に水を吸わせるってことなんですぅ(笑)次回は北海道弁のまとめ記事作っちゃう♪子和え、是非召し上がっていただきたいです。私の手作りをお届けしたいくらいの気持ちです(´▽`*)ふるさと納税したのですね。う、嬉しい!!そうそう、ネットショッピング感覚で楽しいですよね♪各自治体が知恵を絞っていて、面白い返礼品を見つけるのも楽しみのひとつです。私の身の回りでもブログを読んでくれて動き始めた方々がいて本当に嬉しいです。何よりコメントがとっても嬉しい♬ありがとうございます♡

タイトルとURLをコピーしました