スポンサーリンク
スポンサーリンク

7月の札幌は今日も快晴。夕食はミートソースと冷えたブロッコリー。

スポンサーリンク
料理あれこれ

今日も快晴の札幌。
最高気温は29度☀でした。

天気予報にも☀マークがずらりと2週間。

おぉ、おぉ、(≧▽≦)

気分がいいねぇ。

テンションあがるねぇ\(^o^)/

種から植えたシソと背の低いヒマワリもグングン成長中。

毎朝の水やりが欠かせなくなりました。

夏休みの計画を立てるにも、天気を気にせず妄想出来るのが嬉しい。

こんなに晴れの日が続くのって、珍しい。

珍しいけれども、嬉しい。

こんなサプライズなら毎年お願いしたいです。

夜は今日も過ごしやすい。

日中は暑かったけれど、風は温くて心地よい。

夜の風はすこし冷ややかで、これまた心地よい。

あぁ、季節の移ろいの中に立っているのねと、幸せな気持ちになるのです。

半年前の豪雪はどこ吹く風。

雲一つない青空と、玉ねぎ畑を横目にハンドルを握りながら鼻歌をフフンのフ~ン♪

ここにしかないうまさ、サッポロクラシックという名の響き

帰宅してすぐに冷蔵庫にグラスを冷やしてから、リモートワークを3時間。

終了と同時に、ご褒美の冷たいグラスに、冷えたサッポロクラシックを注ぎ込む。

サッポロクラシック。

誰がつけたかこのネーミング。

命名した方を讃えたい。

サッポロクラシックという、名前の響きが大好きです。

札幌の歴史は他県に比べて短いけれど、そこにクラシックと名付けるのがお洒落。

缶のロゴもお気に入り。

☆とブルーの文字が、爽やかで名前とピッタリです。

料理にも合うスッキリとした味わいです。

北海道限定ですが、キャッチフレーズ通り、ここにしかないおいしさです。



さてさて、ほろ酔い気分で夕食作りをスタートします。

本日のメニューはミートソーススパゲティと、キンキンに冷えたブロッコリーに冷ややっこと枝豆。

半分はビールのつまみだね。



昨日から、無性にミートソースが食べたくなって、デミグラスソース缶を購入してきました。

時間のある時は、デミグラスソースも手作りしていました。

栗原はるみさんの、手作りデミグラスソースが大好きです。コトコトと煮詰めている時間が好きだったのですが、手作りデミグラスソースは出来上がるまで2時間はかかるので、今はもっぱらこの缶が主役です。

そう、忙しい時は無理しない。

セロリ、玉ねぎ、人参、ひき肉、ベーコン、ニンニクをひたすらみじん切りにして、オリーブオイルで炒めて、缶のデミグラスソースとコンソメ、ケチャップとウィスターソースを適当に入れて味を整えて完成です。

これで、本格ミートソースの出来上がり♫

大切なのは、デミグラスソースとコンソメを忘れない。それだけ。

麺の太さも大事です。

普段は、こってりしたミートソースと良く絡む平麺、フェットチーネで食べたい。

しかし、夏場は、少し重たいのです。

なので、細いフェデリーニで、つるんと食べる。

ブロッコリーは塩ゆでした後、氷水で一気に冷やして、マヨネーズと共に❤



冷えたブロッコリーにはマヨネーズと決めています。

どんなドレッシングよりも、結果マヨネーズが一番旨い。

昔、香取慎吾さんがCMでブロッコリーにマヨネーズをたっぷり乗せて、大きな口でパクりとやるのを見るたびに、次の日にはブロッコリーをせっせと茹でて食べていたなぁ。

慎吾ちゃんが、あんまり美味しそうに食べるんだもの。

真夏に最強のバイタミン。

冷ややっこは、生姜とお醤油でいただきます。

お醤油差しをやめて、使い切りのミニボトルに変えてから数年経ちます。

メーカーは決めていないので、その時の気分で購入しています。

お醤油って、冷蔵庫に入れると入れないとでは、劣化する速さはもちろんのこと、色が全然違うんです。

黒いから、あんまり分からなかったけれど、比べると色の違いがハッキリ分かる。

醤油差しに入れ替える手間も省けて、鮮度も高いしコレで良い。

この卓上用のミニボトルタイプって数年前から登場して大ヒットしたけれど、今では当たり前に使っていますよね。

醤油は、醤油差しに入れ替えて使うのが当たり前だと思っていたけれど、当たり前だと思っている、小さな事に気付くか、気付かないかが、ヒット商品を産むコツなんだろうなぁ。

気付く人達、凄いヽ(^。^)ノ


息子が、勉強をしているフリをしてswitchやiPadをやっているのに気付くのは、めちゃ早く気付ける私だけれども。

・・・いや、最近はそれも衰えてきているのか、息子の隠蔽の技術が磨かれているのか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました