スポンサーリンク
スポンサーリンク

【お料理あれこれ】美味しさの秘訣はこれだった。金のパスタ フェットチーネ

スポンサーリンク
料理あれこれ

数日前に作った門外不出のトマトソース。

2日連続で作って、2日休んでまた作ったというくらいにお気に入りになってしまった味です。

で数日経過してふと思った。
トマトソースは確かに美味しかったけれど、麺も美味しかったなぁ。
もしかすると、ソースよりも麺の方が美味しかったかもしれぬ。

違うソースに絡めて食べてみたい。
どんなソースに絡めるか?

平麺にあうソースはこってりタイプが合うかもね。

栗原はるみさんのミートソースを絡めて食べたい!
食べたいと思ったらすぐに作りたいと思う性分です。

だって待っていたらすぐに忘れちゃう。

激安スーパーには売っていない高級品?

最近お気に入りの金のパスタ フェットチーネ

フェットチーネはイタリア語で「小さなリボン」という意味なんですって。
可愛い( *´艸`)
誰が名付け親かは知りませんが、パスタの麺に小さなリボン🎀だなんて。

名付け親のイタリア人🇮🇹はロマンチック。

日本では考えられない。そばやうどんにそんな可愛い名前はあるかしら。
讃岐うどん、更科そば、なんか違う。

イタリア人にとってパスタは主食。日本の米なら名付けセンスも負けていないかな。「ゆめぴりか」「ななつぼし」「つや姫」「コシヒカリ」リボン🎀ほどの可愛いらしさはないけれど、素敵な名前が付いている🎶




先日まとめて4袋も購入したのに、あっという間に胃袋へ消えた。

その名の通り、まるで生パスタ。
コストコの安いパスタを食べている我が家にとってこちらは超高級パスタなのです✨

早速ミートソース作りに取り掛かる。
栗原はるみさんのミートソースはこちら

セロリが冷蔵庫で出番待ちしていることをすっかり忘れて、新しい子を買ってしまった(;’∀’)
最近、こういう事がよくあるのね。
昔は、冷蔵庫の中身やストックしている調味料の在庫は頭の中に正確にメモリーされていたのに。

ごま油やチューブのワサビ、カレールー等々、ストックがどんどん増えていくのに、ストックが無いオイスターソースをずっと買い忘れていたり。

帰宅してから_| ̄|○ガックリしちゃうこともあるある。冷蔵庫を見てアレが無いと思った瞬間に、スマホのメモに入力するように心がけております。

という訳で、セロリのみじん切りは3本分も入れました。
セロリ=ビタミンたっぷりだけど苦い

スティックサラダなんて洒落たものは作らないし、スープやカレー、ミートソース以外に使うことはない。

ミートソースなら味も濃いからたくさん投入してしまえ!

栗原はるみさんのミートソースは、ベーコンを炒めてドミグラスソース(市販の缶詰でも可)で作ります。
以前はドミグラスソースを半日かけて手作りしていましたが、更年期の今、そんな気力は今は無い。

人参、玉ねぎ、セロリ、マッシュルーム、ベーコンをみじん切りにしてニンニクと炒めて、赤ワインとドミグラスソースで煮込む。
みじん切りばかりなので、簡単にできます。

そしてパスタを茹でる(´▽`*)

目を閉じて口に運ばれたら、「これは生パスタです。」と自信を持って言ってしまう。
格付けチェックのGACKTくらい自信を持って言ってしまう。

もちっとしているのにプリッとしている。
舌触りもなめらか。
ソースと絡みやすくて、食べ応えがあるんですよね。

モッツアレラチーズをのせて、熱々のミートソースをたっぷりかけてパルメザンチーズを振りかける。

ミートソースを混ぜるとモッツアレラチーズが溶けて良い感じ。
目で美味しい。

あぁ、早く口に運びたい。
フォークでクルクルしながら焦る。
卑しさが溢れだす瞬間。

やっぱり、麺が旨い。
もうコストコの乾麺には戻れないかもしれない。貧乏な舌は美味しい物に敏感。

美味しい物を知ってしまうと、今まで食べていたものが急にランク落ちして見えるという不思議。

パスタは乾麺の細目が当たり前だと思っていたのですが、平打ち麺の美味しさにしびれた私。
そして子供達も。
一度美味しい物を食べると、今まで食べていた物は格下扱い。


美味しい物には何でもサッポロビールが合うからね。
ビールも進んじゃう。ワインも開けちゃう。楽しいけれど太るなぁ。でも食べちゃうなぁ。


金のフェットチーネのマイブームはしばらく続きそうな予感です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました