スポンサーリンク
スポンサーリンク

【料理あれこれ】門外不出のトマトソースを作ってみた件

スポンサーリンク
料理あれこれ

先日、1号が幼馴染の家へお泊りに行きました。
その際にお友達のダリアちゃんが作ってくれた夕食が偉く気に入ったご様子の1号。

メニューはトマトソースのスパゲティだったそうです。

帰宅するなり、どれほど美味しかったかを雄弁に語りだす。
トマトソース自体、それ程好きではない私。
モッツアレラチーズもそれほど好物でもない。
なのでさほど興味もない。


聞き流していたけれど、あまりの興奮に一体どれほどの美味しさなのか?と私も食べてみたくなってきました。

1号も自分で作りたい!と思ったようで、Yちゃんからレシピを学んできたらしい。
でかした1号!!
あなたのそういう所が大好きよ♪

美味しさの秘訣はみんな大好きクックパッドでした。

門外不出のトマトソース

ダリアちゃん曰く、クックパッドの門外不出のトマトソースのレシピ通りに作っているそうです。
そんなに美味しいのか?

つくレポ1万件( ゚Д゚)
こ、これは・・・。
1万件ということは、その倍、いや10倍か、もっと?
レポしない私のような人間の方が確実に多いのだから、この1万という数字を叩き出しているのはもはや神じゃ!!
神のトマトソースレシピじゃ!!

待てぬ。

すぐに作りたい。
そして食べたいっ(`・ω・´)

人間の三大欲求のうちの一つ、「食欲」にスイッチが入るともう止められないのね。
頭の中はトマトソースの事しか考えられない。

ホールトマトもある。
にんにくもある。

しかし、このスパゲティを作るには大事なレシピ2つが我が家に在庫が無かった💦

今宵は遅し。
明日の決戦と参ろう。

金のパスタとモッツアレラチーズ

美味しさの秘訣は門外不出のトマトソースと金のパスタフェットチーネ、モッツアレラチーズこの3点。

トマトソースの作り方も簡単で、ベーコンと鷹の爪を入れるのがポイントです。

門外不出のトマトソースを作り、パスタを茹る→モッツアレラチーズをちぎってパスタに乗せる→門外不出のトマトソースをかけてる→出来上がり🍝

なんて簡単なのでしょう。
神がお考えになるレシピは手間もかからない。

私の帰宅を待てずに、1号がすでに調理開始。
仕事から帰るとちょうどパスタが茹で上がった時間。

最高じゃねぇか(´▽`*)


出来た瞬間、食らいつく家族。

う、うまい。

人間の三大欲求、食欲
出来上がりの写真を撮ることを忘れるくらい貪欲。

トマトソースがさほど好きじゃなかった私。
モッツアレラチーズがさほど好きじゃなかった私。

なんと、3日連続でこのトマトソースを作りモッツアレラチーズを乗せて食べましたとさ。

そんくらい美味しかったんだもん

3日間連続で作ったのに、やっぱり写真を撮り忘れる(笑)
食べている途中で、「あ、写メ忘れた(-_-メ)」

なので、写真はありません。

次、作る時には完成写真を載せたいと思います。

もう私はトマトソース好き人間。
なぜ今まで好きじゃなかったのかが不思議。

モッツアレラチーズも大好きよ。

次回はベーコンでモッツアレラチーズを巻いてやっつけてやろうと作戦をたてております。

金のパスタフェットチーネがトマトソースとからみ絶妙なバランスです。
このトマトソースは平麺との相性が抜群なのです。

そして金のパスタフェットチーネの食感はレストランの味。
あまりの美味しさに大人買い。


繋がりがもたらす新しい味

このご時世、ネットで検索すれば何でもそれなりに答えを知ることができます。
でも、興味のないことは検索しないので永遠に知ることはない。

誰かと繋がっていないと知りえない情報があるんですよね。

1万レポもされているトマトソースの事を、トマトソースに興味が無い私は知らなかった。
モッツアレラチーズがこんなに美味しいとも思わなかった。

トマトソースは酸っぱさが苦手でしたし、モッツアレラチーズにも興味がなかった。

なぜ、興味がなかったというと一時流行った「カプレーゼ」のせい。

モッツアレラチーズがわりと大きくカットされていますよね。
何かと話題になっていたカプレーゼを数年前に初めて口に入れた瞬間思った。

uchi
uchi

味が無い・・・。

それからというもの、モッツアレラチーズ=カプレーゼ=味が無いとメモリーされてしまって縁遠い存在になってしまったのです。

お友達のダリアちゃんが私の娘に食べさせてくれたおかげで、縁遠かった2つの食材が、あらまぁ大好物になってしまったのです。

これも全てダリアちゃんのお陰。

繋がりってありがたい。

そしてこの門外不出のトマトソースをクックパッドにポストしてくれた「ともんちっちさん」に心から感謝申し上げたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました