スポンサーリンク
スポンサーリンク

【絶対おすすめ】ルンバ692のレビューとメリット・デメリット。ルンバを買って5年目の主婦目線から

スポンサーリンク
uchiのこと

ルンバ871を愛用して5年目主婦のuchiです。この度2台目のルンバ692を購入しました。
我が家のルンバは2台。
1台(692)はリビングダイニングで、1台(871)は寝室から廊下→洗面所→子供部屋を自由に行き来しています。

5年経過しているルンバ871はタイヤの摩耗が激しく小さな段差も乗り越えるのは難しくなってきたので、段差や障害物がほぼ無い寝室と廊下をメインでたまに子供部屋や洗面所を行き来しながら、現在でも使用しています。

↓こちらは新しく購入したルンバ692です。

ルンバのメリット

  1. 掃除機をかける手間と労力の節約
  2. 自分で掃除機をかけるよりキレイを実感できる
  3. スマホと連携、掃除機のスケジュールを細かく選択できる
  4. 厚めのラグでも超えていける
  5. 手入れは楽
  6. 意識が変わる!床に物を置かなくなるのが人となり

掃除機をかける手間と労力の節約

普段、お掃除にどのくらいの時間をかけているでしょうか?仕事をしている方、専業主婦の方など生活スタイルの違いはあるでしょうが、1回に30分程度が平均なようですね。外出中に部屋を掃除してくれている。これこそがルンバの醍醐味です!

私は2日1回リビングダイニングにルンバを使用して5年になりますが、掃除機をかけるという家事をほぼしなくなりました。

子供がテーブルで勉強していて消しゴムかすが溜まるとか、突然何かをまき散らした等の緊急時は、ハンディ掃除機で対応していますが、床の掃除はルンバにお任せの5年間です。

平日は仕事で外出中に、休日は家事をしている時間にルンバは私の代わりに掃除機をかけてくれている。掃除機にかかる時間を子供の家庭学習を見る時間へ、夕食を作る時間へ、洗濯物をたたむ時間へと、違う家事や育児へスライドできるのですから大助かりなのです。

掃除機をかける為の時間を何か違う事をする時間にシフトチェンジ出来ることは時間と労力の節約=ゆとりをもつ生活につながっています。


自分で掃除機をかけるより綺麗を実感できる


ルンバは同じ場所を行ったり来たり時間をかけて掃除してくれます。自分で掃除機をかける場合はどうでしょう?人間なら視覚で確認できるのでゴミが無い場所を何度も行ったり来たりはしません。

ルンバに目は無いので、何度も同じ場所を行ったり来たりしながら部屋全体を進んでいきます。大雑把な私よりも確実に塵やほこりを吸い込んでくれています。

帰宅した時に床に髪の毛やほこりが見えないだけで気分は全然違うのです。汚れているとため息がでてしまいますよね。疲れが倍増してしまう・・・。いつも綺麗だと「さぁ、夕食を作ろう」「洗濯しちゃおう」とやる気も違ってくるものです。

掃除機のスケジュールを細かく選択できる


曜日と時間のスケジュールを設定できるので、外出時間にお掃除スケジュールを設定しておけば最大で90分、綺麗になるまで働き続けてくれます。なんて愛おしいのでしょう。

私の1台目ルンバ872はスマホ対応できない機種ですが2台目692は外出先からでもスマホで掃除の指示ができます。10年前にこんなこと想像できたかな?テクノロジーの進化は主婦にとっては神なのです。

厚めのラグでも超えていける

1㎝程度の厚みのあるラグなら超えて掃除してくれます。ただ毛足の長いラグは要注意です。毛足が長すぎると絡まって停止してしまいます。絡まる意外とやっかいなルンバ。

取るのも苦労しますしラグを傷めてしまいます。
毛足のないラグはスムーズに進むことができます。


ちなみに、我が家の↓この程度の毛足の長さ、ラグの厚みは超えていきます。ラグの間のお菓子のカスも、ルンバは何度も行ったり来たりを繰り返しながら回転するブラシで掻き出して吸い込んでくれます。


こちらのソファの床からの隙間は9㎝。ルンバ872も692も楽々通ってソファの下はいつも綺麗を保てるのです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_9475-800x1067.jpeg

手入れは楽


お手入れは簡単です。溜っているゴミを捨ててブラシでフィルターをササッと掃除します。uchi家では使わなくなった歯ブラシを利用して中をブラッシングしています。また、ブラシ部分に髪の毛はかなり絡みついているので、手で取る必要はあります。

こんな感じ↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_9435-800x1067.jpeg


4人家族で1回の掃除で出るゴミは↓こんな感じです。(2日に1回のペースで使用しています)
結構な量ですよね。
これだけホコリにまみれて生活していることが怖い(-_-;)
ルンバのお陰で綺麗を保てております。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_9439-800x600.jpeg


意識が変わる!床に物を置かなくなるのが人となり

これが購入して一番良かったことだと感じています。そもそもの家族の意識が変わります。ルンバ様がお通りじゃーーー!!という感覚に変わるのです。
ルンバはロボットですから、パンストが床にあれば吸い込んでボロボロにしてしまいます。

靴下はホコリまみれで出てきます。帰宅した時にいつもの場所にいない・・となると一人かくれんぼ状態。

ルンバちゃーんと声を掛けても返事が返ってくるわけもなく、部屋の片隅で靴下やコードを吸い込んだ状態で停止しているルンバのもの悲しさといったら…..。

もしくは、

uchi
uchi

iphoneのコードがボロボロじゃな~い( ;∀;)

そうなのです。ルンバを購入した誰もが経験するこの気持ち。
自分が悪いのです。だってルンバはロボットだから、命令したことしか出来ないの。

ですから、物を床に置かないという習慣が自然と身につくのです。


これが母親がかける掃除機なら、家族は無視して床に物を置き続けるのです。甘えているから。

でも、ロボットですから・・パンストはボロボロになるし、コードは犬に噛まれたようになるし、紙は破れてしまいます。


私は何度が苦い経験をしているので床に物をおくことがなくなりました。

ルンバ692は異物を察知して停止するスピードは速くなったと実感しています。
871はブラシにパンストが絡まって停止していたり、靴下を吸い込んでローラーに絡まっていたり・・ということもありましたが、692はすぐに異物を判断して停止していることが多いです。

ルンバのデメリット

  1. 床に物は置けない→異物を吸い込んで停止する(衣類やコード)
  2. 音はうるさい(ペットは驚くかも?)
  3. 時間は掛かる
  4. 段差に弱い
  5. 消耗品の交換は必要(バッテリーやブラシ)

床に物は置けない→異物を吸い込んで停止する(衣類やコード)

ルンバが吸い込んで停止している物ランキングuchi家の場合

  1. 靴下
  2. 洋服
  3. 携帯やゲームの充電用コード

ヘアピンや小さなクリップ類、輪ゴム、は普通に吸い込み停止することはありません。

気をつけたいのはコード類です。ブラシに絡まってしまうとルンバは元気ですが、コードは死ぬ可能性もあり。コードとブラシが摩耗しコードの表面が犬にかじられたように傷ついてしまうのです。これは要注意です。

ルンバはどんどん進化しているので、692は異物を吸い込んで停止するスピードは速いです。ですからコードが傷つく可能性は低いと思います。旧型のルンバ871にはよくやられました(^^;


ファッション雑誌のような厚みのある雑誌類はぶつかって避けて進みますが、チラシやダイレクトメールのような紙類は吸い込み切れずに停止していますね。ティッシュのような柔らかいものは吸い込んで掃除を続けています


音はうるさい

結構な騒音です。同じ部屋にルンバが掃除している時に静かに読書はできません。(人によるとは思いますが)
自分も家事をしているなら気になりませんが、部屋で集中している時にルンバの音は騒音に近いかなと思います。

赤ちゃんがいるご家庭やペットを飼っている方こそおすすめしたいのですが音に驚くかもしれません。

犬を飼っている知人におすすめしたところ、ルンバを購入してから足に毛がつくことが無くなり本当に助かっていると教えてくれました。感激するほどに床が綺麗で嬉しいと言っていましたが、最初の頃は犬が音に敏感に反応していたそうです。

私はペットを飼っていないので分かりませんが、そういうご心配がある方はレンタルもあるので一度試してからのご購入をお勧めします。

時間は掛かる

ルンバ692の稼働時間は最大90分です。
8帖の寝室とつながっている3帖ほどのウォークインクローゼットのスペースを30分~60分かけて稼働しています。

段差に弱い

ルンバ692の場合↓右のロングクッション(厚み2㎝で柔らかい)は障害物として認識するようで登ってはくれません。
左のラグは綺麗に掃除してくれます。

よく赤ちゃんのいるお宅にあるジョイントマットは硬いので簡単に登って掃除してくれます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_9476-800x1067.jpeg

食卓テーブルの下にこのようなタイルカーペットを敷いているのですが、ルンバが端を巻き上げてしまっています。
私は気にならないので放置(´▽`*)

なぜかこれ以上巻き上がることが無いのが不思議なのですが・・。

消耗品の交換は必要(バッテリーやブラシ)

毎日ルンバを使っているとバッテリーが消耗します。
5年前に購入したルンバ871も一度バッテリー交換をしています。

1度交換して5年使えているのでコスパ的には納得はしています。

ただ、バッテリーは純正品で1万円程度はするので安いとはいえません。

非純正品も販売されています。
販売価格が全く違うので(3,000円くらい)すぐに見分けはつくのですが、私は純正品を購入しました。

毎日のように稼働するので失敗はしたくないからです。

まとめ

ルンバ初心者の方でしたらルンバ692をおすすめします。
私はAmazonセールで24,800円で購入しました。

帰宅して床が綺麗だとホッと一息つけますし、次の行動に移りやすい。
時間を節約できるということが一番の推しです。

安価でスマホと連携でき、お掃除ロボットとしての機能は十分に持っています。
ダイソンのハンディ掃除機も持っているのですが、5年間でトイレと子供部屋にたまに使う程度なのです。


更に年数が経過すればどの機種であろうともバッテリーの交換は必要ですので、コスパを考えても692で間違いないです。


私が5年間愛用しつづけているルンバ871も29,800円で購入し1万円ほどでバッテリーを一度交換し、今も現役です。
タイヤは摩耗しているので、ラグのある部屋では使えなくなってしまいました。

そのルンバを修理に出すと全て新しい部品に交換してメンテナンス作業込みで、約2万円はかかります。
ならば、もう1台購入した方がお得と思い。Amazonセールまで待ってルンバ692を購入しました。

部屋の構造やライフスタイルにもよるとは思いますが、掃除機をかけなくて良いうえに30,000円代で購入できるお掃除ロボットルンバ692はおすすめです。


【Amazon.co.jp限定】ルンバ 692 アイロボット ロボット掃除機 WiFi対応 遠隔操作 自動充電 グレー R692060 【Alexa対応】 最大幅340 x 高さ92(mm)



コメント

タイトルとURLをコピーしました