スポンサーリンク
スポンサーリンク

Smith And Tanaka ってご存じ?

スポンサーリンク
uchiのこと

Smith And Tanakaとは、おっさんによるおっさんのための英会話番組です。
オーストラリア出身のSmithさんが英語アレルギーおっさんのTanakaさんを英語が喋れる紳士に磨いてしまおうというプロジェクトのもと、発信しているPodcast番組です。

車通勤の車内で大爆笑


GOGOエイブ会話のヨシさんが番組内でご紹介されていたので、初めてPodcast内で検索した時は、オープニングの音楽とアイキャッチ画像がカッコいいなぁと思い、おっさんのための?おばさんだけど・・お気に入りに登録。

車内で何となく聴き流そうと思っていたらとんでもない心得違い。
お笑い芸人?と思ってしまうほどに話術に長けていらっしゃる。すぐにおかわりできるのがPodcastの嬉しいところ。それまで配信されていたエピソードはあっという間に聴いてしまいました。


下ネタが若干多めですので、不快に思った方もいらしたようで、評価に厳しいご意見も拝見しました💦人によってはそう感じてしまう側面もあるかな?そういう方にはおすすめはしません(;^ω^)
悪いレビューを入れるならクスっと笑える一言を添えて欲しいと思ってしまう。



車内で聴くことが最も多いのですが、もっぱらスマホにしか興味のない1号(女子高生)も笑って聴いています。1号曰く女子高生にバズることは絶対にあり得ないが、男子高生には裏でバズるかもね・・と未来予想していました( *´艸`) うん、私も同意見。


2号は10歳なので若干ハード気味な下ネタトークに突入する時は母親としてボリュームを絞ってしまう時もありますが、性教育の一貫として(笑)ライトな下ネタは普通に聴き流していることの方が多いです。

たまに「今のはどういう意味?」と質問される時もありますが、「そのうちわかるから」とごまかしつつ(*’▽’)



昭和ポップスの歌詞を絡めたトークの時に、全く意味が分かっていないSmithさんのすっとんきょんな返しも魅力の一つです。

Smithさんは、日本語が堪能で私より日本語の事を分かっていらっしゃるわ~と感心させられる事も多いです。


また、Tanakaさんのトークに対してSmithさんが大爆笑する声は不思議と聴いてるこちらも笑ってしまうのです。彼は誘い笑いの達人かもしれない。Smithさんの笑い声はきっと私を含めてどこかの誰かを救っていると思ってしまう。



肝心の英語学習に関して言えば、誰でも知っている日本昔話の「桃太郎」や「かぐや姫」を題材にして適当に英語を勉強するスタイルも聴きやすいです。

初心者のための英会話なのですが、Smithさんの英語を話すスピードは英会話初心者の日本人に聞きやすいスピードではありません。
英語が苦手な私にとっては

uchi
uchi

え?今、何て??

と、巻き戻して聴き直しすることはしょっ中。
私がそう思った時は必ずTanakaさんも

Tanakaさん
Tanakaさん

え?なんて言ってんの?

この視点がとんでもなく嬉しい!
私と同じレベル(笑)
素晴らしい話術から相当賢い方だと想像できますが、リスナーとしては心から勇気づけられます。

私も何度も同じ部分を聞き直してTanakaさんと一緒に発音しTogetherしています。
私の頭にメモリーされているかは別として・・( ;∀;)




あくまでも日常で話すスピードを大切に「聴く力」を養わないと話せないというSmithさんの強い信念なのだと受け止めております。


Tanakaさんはご自身の英語力のなさに「自分の恥をさらしている」とよくおっしゃっていますが、その言葉を聞くたびに私は心の底から右手を挙げて叫んでいるのです。

uchi
uchi

もっと無知で恥さらしな奴はここにいるから!!!

本当に勇気をいただいております。

実際にスミタナを聴いて英語がペラペラになりました!!という教材的な番組ではありませんが、楽しく英語に触れ合えることと、本当に初心者レベルの素朴な英会話の疑問をTanakaさんが投げかけて丁寧に答えてくれるSmithさん。

uchi
uchi

私もそれどういうこと?って思っていた!

と共感する事が多いのです。きっと中学生で習っているのでしょうが、何にもメモリーされちゃいない(笑)

スミタナを聴くことでお二人の人生経験から、英語以外の知識も得ることが出来たりもするので毎回楽しみに拝聴しております。

学校でも、こんな感じで教えてくれたら良いのにな。

私は教員ではありませんが学校に勤務しているので(事務仕事)こんな風に教えてくれる先生がいたら、英語の授業が楽しくて仕方ないだろうなぁ。楽しければ成績も上がりそう。


でも、授業となると教科書に沿うことが必須で、その先にはテストがあり、テストの結果で評価をしなければならない。なので答えは1つに絞られる。結果、覚える記憶力だけを求められてしまう。アウトプットが大切。実際話すことが大切。それは英語教師は皆思っていることだと思います。


我が家の2号はGOGOエイブ会話Smith And Tanakaで聴いたフレーズをすぐに真似しているのです。子供が興味を持つその気持ちを大切にして楽しく身についていくのは理想です。

学校の授業もこうならないかな。
皆が思っているのに、そうならないってどうしてだろう。

Tanakaさんの成長がすごい


ここ最近ではTanakaさんの発音がとっても良くなっていることをリスナーとして実感しています。続けることが結果として表れている証拠なんだなぁ。
まず始めてみること、継続することがこんなに如実に成果として表れるんですね。

ここ最近ではTanakaさんが下ネタへ走ろうとするとSmithさんがわりと強めに引き戻そうとしている感じも伝わってきたり、Smithさんの編集に対して厳しい意見を突き刺すTanakaさんがやけに男っぽく感じたりしております。


お二人のトークを聞くだけでも楽しいPodcast Smith And Tanaka
若い人に聞いて欲しいなぁ。興味のある方は一度お試しあれ♪

Smith And Tanaka

まったく関係ない話ですが、今回 Smith And TanakaでPodcastのアイキャッチ画像を探すのにググったら、一瞬手が止まるくらいに拳銃の画像が出てきてちょっとびっくり。

Tanaka Smith & Wessonというモデルガンがあるようで、タナカワークスという会社で制作しているんですって。スミタナのお陰で新たな知識がひとつ身に付きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました