スポンサーリンク
スポンサーリンク

夫の夕食をつくらなくなってここ数年、思う事。

スポンサーリンク
uchiのこと

残業、長期出張の多いuchiの夫。

夫は冷めた料理を食べたくない。
しかし私も23時から魚を焼く?

uchi
uchi

あり得ないわ・・・(*´Д`)


急に出張になる事が多い。

好き嫌いがやらたと多い。

夫の身体は心配だけれども、しつこく言うと煙たがる。


結婚生活21年目。夫の夕食問題と、夫婦の現状の巻。

好きなものを冷凍ストック作戦

夫の食べる野菜といえば、きんぴらごぼうともやしのナムル。
それも作り立てのみ。

常備野菜的な料理は食べません。
サラダも嫌い。

カレーライス、唐揚げ、ハンバーグなど、子供が好きな料理を作った時に
少し取り分け、冷蔵庫に保管しておけば
帰宅後、自ら電子レンジで温めて食べている様子。


しかし毎日ハンバーグや唐揚げ?

uchi
uchi

ファミレスかっつーの。


営業の仕事をしているので、接待も多い。
昼食の時間が夕方になることもあるらしい話。


俺の好きなものを冷凍ストックしておけば、
自分で勝手にやるから気にするな。

夕食はいらない。

との一言で、夫の好きなものを冷蔵庫にストックしておくことに決めて数年目。

  • Costcoの冷凍たこ焼き
  • Costcoのローズパッキングポークソーセージ
  • 蒲鉾(特にかま栄のもの)

コストコのこれら↑はとってもおすすめです。
小腹が空いた時にちょうど良い。

肉好きな方は「ローズパッキングポークソーセージ」はmust buyアイテムです。


これが冷蔵庫にあれば、食べたければチンして食べる。

余計な手は加えずに。

↑夫曰くこれが大事。

そしてそれを受け入れる私の心も大事。

食卓のメニューとともに変化する夫婦関係

新婚の頃は、夫の好きなものを作って二人で仲良く食事を楽しんでいました。


子どもが誕生し、子どもたちの好きなもので食卓が彩られるように。
また、子どもに食べさせたいものが積極的に食卓に並びます。

野菜、肉、魚とバランスの良いを心がける食卓。


同時に夫の職場での立場も変わり、残業、出張、責任が増える。

当然、夕食時に帰宅する事などありません。


今では月の半分以上は出張で自宅にいない日が多いのです。


2号はまだ小学生なので、寂しい気持ちもあります。

年の離れた姉弟。

1号が小さいころは夫も自宅にいる事が多く、

休日には家族でお出かけをしていましたが、

2号と夫が二人でお出かけするといえば、近所の床屋くらいなものです。



ちょっと2号が可哀想だなと思う母心。

温泉旅行に夫が仕事から駆け付け夕食から合流したり、

夫の出張先から大阪で待ち合わせて合流し、
家族旅行として無理やり成立させる作戦もトライしてみたものの・・。

uchi
uchi

疲れる・・。旅行なのに時間に追われて楽しくない。

夫も、家族旅行に合わせると仕事に支障がでるので

夫

勝手に行ってらっしゃ~い。


妻としては家族そろって旅行に行きたい。
夫としては合わせられない。

働かない夫ならば困ってしまいますが、
一生懸命働いている夫なのですから無理にでも調整してほしいとは言えません。

夫も若いころならアクティブに動けていたのでしょうが、加齢と仕事への責任も増え、全てをバランスよく保つのは難しいようです。

お互いできる時にできることをするのが家族のバランスがとれるのかもしれません。


今はきっとそんな時期なのでしょう。

2号のお友達を巻き込む作戦へ変更

家族旅行も母子旅行へとスライドさせ、
ディズニーランドや温泉も母子旅行になりました。



1号がいるので頼りになります。
歳が離れている姉は本当に使える女へと変身するのです✨


たまに母も巻き込み旅行へ行く。

uchi
uchi

楽しい。ちょっと寂しいけど楽しい(#^^#)

夏休みや冬休みも

10歳の男の子の相手が出来るほど、更年期な母には体力もなく(*´Д`)
2号のお友達と楽しむ姿を見守るスタンスへ作戦変更。



2号のお友達を数人誘い、プールやスキー、国立公園などに
私が連れて遊びにでかけるように変更。

uchi
uchi

楽しい。男の子が沢山いると可愛い。
全員の行動がウケる(笑)

お友達も自分の親がいない分甘えられない。
自分で考えて行動するようになる。

困ったときは協力しあい、たまに喧嘩もあり。

仲直りは若いころのようにはいかないけれど。なんとなく自然に。



4年生になった2号はお友達と数人でバスに乗り
子どもだけでプールに出かけたりと積極的に自分で行動させるようにしています。


1号と2号の年齢が近ければ、

夫もここまで多忙ではなかったので

色々協力してくれたでしょう。

そういう意味では歳の近い姉弟ならまとめて育てられるので楽な部分もあるのかなと思いますが、
なにせ歳の差は8歳。

2号の参観日に行くと、クラスのパパ、ママが若いのなんのって(;゚Д゚)

お互い好きなように、ストレスのない関係でいたい

夫も忙しく心に余裕もないのでしょう。

私も更年期でぐらぐらしているホルモンバランス。


時々、夫も更年期なのでは?と感じてしまうくらい

不機嫌な時もあります。



そんな時は、かまわずに放っておいてほしいタイプの夫です。


21年一緒にいると、喧嘩をする体力さえも勿体ない。


お互いの機嫌が悪い時はすぐに分かりますし、

相手の気分を察知して、こちらもすこし引いてみたり押してみたり

そんな距離と空気も分かってきている気がします。



夫がそうしたいと言うならば、その通りにするのが一番なのです。

私がこうしたいと言うことを、反対したことはない夫ですから。

朝の短い会話とLINEで夫婦のコミニュケーション

お互い忙しいので、顔を合わせるのは朝。

必要な会話をして出動です。


細かなことも大事なことも私にすべて任せている夫。

大抵の会話はLINEです。

◆問題があった時の報告。

夫

了解

◆変更があった時の連絡。

夫

へーい

◆夕食がカレーの時の連絡。

夫

食べます。

どんなに長い内容の私のLINEでも、
返信はたいていこんな感じ。

uchi
uchi

そっけねーわ(-_-)


でも、このくらいが丁度良いのかもしれません。

夫は無口な人。
私はおしゃべりな人。

バランスはとれている。

今はこれがうまくやつコツなのです。

10年後はまた少し違う夫婦の距離感になっていると思う

休日で自宅にいる時は、家族そろって夕食をいただきます。

夫も、自宅にいるので録画したTVをゆっくり見る。
打ちっぱなしに行く。
床屋に行く。
そんなことで夫の休日は過ぎてしまいます。


もっと夫にも時間の余裕があれば良いのになぁと思いますが
今は仕方がありません。


50代に差し掛かろうとしている私達。




今がお互いにとって最も忙しい時期なのかもしれません。


お互いを信用している。

ここは固い。




最近では、私が始めたゴルフが共通の会話や出掛け先になっています。


お互いを思いやりながら(理想)イラっとしながら(現実)
健康で過ごせていけたら良いなと思っています。

uchi
uchi

そもそもお互い生きているかも分からない10年後。
少しは時間にも余裕が出来ていると良いわね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました