スポンサーリンク
スポンサーリンク

確定申告へ向けての準備開始。あ~分かんない、面倒くさいを乗り切るコツ

スポンサーリンク
お金のこと

毎年やってくる憂鬱な時期。
確定申告。
令和3年は、2月16日(火)~3月15日(月)です。

難しい言葉、更に複雑・・・煩雑の極み

確定申告に使われる言葉は難しすぎる。

思いませんか?

ワザと難しい言葉にして、専門知識のある人しか分からないようにしているのかしら?

い・じ・わ・る(._.)

もっと簡単な言葉にして欲しい。



説明は色々書いてあるけれど、分かりにくいったらありゃしない。

漫画で説明してくれないかなぁ・・・(._.)


今日から準備しておこうと重い腰をあげてPCとにらめっこ。

毎年やってるふるさと納税。
これは分かりやすいのね。

医療費控除もスムーズ。

最初は確定申告という堅い言葉に尻込みしていましたが、私でもやれるもんです。


しかし今年は、

確定拠出年金が年末調整に間に合わず、申告がひとつ増えた。


はい、詰まった。

早めに準備することが大事です

ポチポチ進めていきますとエラー表示が出てきて進めない。

「所得控除額の額の合計額については個別の金額を入力する必要があります」

とのメッセージ。

uchi
uchi

のが多いくて分からないNO~


「所得控除の金額を個別に入力しなかった場合所得控除が適用漏れとなる場合があります」

適用漏れ???

こういう恐ろしいメッセージまで添えてある。

uchi
uchi

漏れたくないからやってるんですけどぉ・・(;_;)


漏れたくないから一生懸命調べる。

申告漏れも、尿漏れもしたくない!絶対に!


調べないと覚えないからちょいと頑張ってはみるのです。

戻って色々探したり、ググったりするものの全く解決の糸口が見つからず1時間過ぎた。

(*´Д`)はぁ・・・無知な自分が悲しいわ。


きっと専門家の方なら、簡単に理解できるんだろうけど。

こんな時の為に早めに準備をしているのです。

結局、電話して聞くのが一番早い。

2月中旬に入ると税務署の電話は繋がらない。
繋がっても、職員の方々はものすごく忙しいから早口で対応されて更に意味不明になるのね。

電話で聞くなら1月中旬が一番なのです。

この時期なら税務署の方もとても親切に教えてくれるのです。

だから、早めに準備するのが一番。

ここ数年スムーズにやり過ごしていたのに、難儀だわ~💦

連休明けに電話して聞いてみようと思います。

唯一出来る節税の知識を自分で理解したい

自分で理解したい。
ただそれだけです。

年末調整で出来ることは職場におまかせですが、ふるさと納税は確定申告しています。

ダブルワークなので、追加徴税もあったりするのです。

それをやらないとふるさと納税の恩恵もないので、面倒臭いけれど仕方ない。

こういう事も出来るようになれば小さな知識となる訳で。

賢くない私にとっては試練。

初めて確定申告をした数年前は、アホすぎる自分に嫌気がさしました。
言葉がまったく入ってこないし、コレで合っているのか?不安でしかない。

税務署に問い合わせても、自分でも何が分からないのかが分からない(笑)

何を控除しようとしている?

落ちつけ~(;’∀’)

しかし、1年、また1年と申告する度に少しずつ成長しています。

確定申告をされる方は早めの準備♪しましょうね。


今日は他にも整理したいことがあったので、
なんだかんだと7時間近くPCで作業していました。

はぁ、、、疲れた(;_;)

明日は1号の試験日。
朝から送迎デー。

試験は・・これで何回目だ??

受かる日は来るのでしょうか(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました