スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ハワイ旅vol.2】千歳空港→オアフ島→ハワイ島 アラフィフ女二人旅 愛煙者と牛肉エキスに厳しいハワイ

スポンサーリンク
おでかけのこと

千歳空港からはハワイアン航空が唯一の直行便です。

千歳空港で待ち合わせたわたし達。
遠くからでも分かる分かる( *´艸`)
来た来た、マチルダ姐さん♪
誰よりも派手で、スタイルが良くて、颯爽と歩いてくるんですもの。

思い出すのは25年前。
イサベラちゃんとわたしは札幌駅でマチルダ姐さんの到着を待っていた。
遠くから歩いてきたマチルダ姐さんは全身パイソン柄の洋服( ゚Д゚)
え?ニューハーフ?

イサベラちゃんと爆笑しながら、マチルダ姐さんが愛しくてたまらなかった。
あの頃のわたし達はとても若かった。

千歳空港内を闊歩してこちらへ向かってくるマチルダ姐さんを笑顔で見つめながら、イサベラちゃんとのそんな記憶を思い出し、鼻がツーンとしていました。


19時45分発→8時25分現地着。
7時間45分のフライトです。



飛行機で寝ることが苦手なので、マチルダ姐さんと睡眠導入剤を半分こして飲みましたが、やっぱり眠れませんでした。

ファーストクラスでしっかり足を延ばし、寝ながらハワイへ行きたいよ~。
エコノミーの狭いシートで揺れに耐えながらの約8時間はすこし大変でしたが、マチルダ姐さんが隣にいてくれたので不安は軽減されました。

マチルダ姐さんは初めて飲む睡眠導入剤の効き目がばっちりで、たった半錠でもぐっすり眠れたようです(笑)

マチルダ姐さんの寝起きに配られた入国カード。
寝ぼけて小さい字が見えなかったのね。
アメリカに持ち込んじゃいけないもの
全部「はい」にチェックしとるやないかーい(爆)

食物、動物、昆虫、細胞培養、全部持ち込んでいて、家畜の近くにいたんかい?(爆)

うちら、入国できんわ(^。^)y-.。o○

慌てて消したからぐちゃぐちゃ(爆)

入国審査にドキドキ♡

イサベラちゃんへのお土産をたくさんスーツケースに詰め込んだわたし達。
カリカリ梅、海苔、お菓子、出汁パックとかイサベラちゃんが好きそうな物。

本当は、北海道限定の焼きそば弁当とか、ジャガポックルとか持っていきたかったけれど、牛肉エキスを使ったカップ麺やポテとチップは没収されてしまうのです。

ハワイの税関は厳しいと聞いていたので、ドキドキしながら通りました。

マチルダ姐さんが持ってきたわかめごはんの素に係員が食いついてきましたが、「This is hurikake」と言ってスルーでした。ホッ(*‘ω‘ *)

入国審査には長蛇の列が出来ていて、各ブースに振り分けられて質問をうけるのです。
長時間のフライトで疲れているわたし達。
しかし、カメハメハ大王は疲れた熟女にも癒しを与えてくれたのね。

イケメンスコープにロックオンしたのは11番ブースの入国審査官。

uchi
uchi

見て!11番ロックオン🔫

マチルダ
マチルダ

かっこいい♪ぜひ11番に行きたいわ。

どうかどうか、11番のブースへ導かれたい。
どうせ同じ質問をされるなら、イケメンから聞かれたもの♡


慌てて順番待ちの人数を数えながら、タイミングが合わないかと急に焦り出す。
降って湧いた野望に心メラメラさせていたものの、わたしは女性審査官のブースへと先に案内されてしまいました。チェッ(-_-メ)

滞在日数などの簡単な質問に答えながら、ふと前を見ると・・・

11番にマチルダ姐さん!!

スタンプを押してもらい、わたしも慌てて11番のブースのイケメンの元へ足早に急ぐ急ぐ。
長時間フライトの疲れは一瞬で吹っ飛ぶ( *´艸`)
軽やかな足取り♪ルルルンルン♪

ニヤリとほくそ笑むマチルダ姐さんの横にスキップ♪ズルいズルいと目で合図しながら、とりあえず11番に話しかける。

uchi
uchi

You are very handsome:)

11番
11番

oh thank you!

Two women? Where is your husband?

↑もっと長く話していたけど、聞き取れたのは「2人?旦那はどこ?」

uchi
uchi

We have forgotten our hasband in Japan.

11番
11番

hahaha.Where are you staying Waikiki?

uchi
uchi

Yeeees!! Our hotel in Waikiki …

あら、ホテルの名前が出てこない💦
そこに書いてあるよね?
アウトリガーなんとかじゃなかったかしら。

ワイキキで話題のレストランやバーを知っているみたいなことを言っている、そしてもしかして誘われてる?けど、早すぎて聞き取れない( ;∀;)

uchi
uchi

What was that?

と、2回繰り返したら11番は頬をを赤くして、スタンプを押しながら笑顔でGood Luck. bye.

聞こえないフリじゃないのよ。
本当に聞き取れないんです。
耳が悪いのではなく、リスニング力0ゼロ

あぁ・・英語力の乏しさ・・致命的(-_-メ)
イケメンを拝めただけでもラッキーだったと、さっさと出口へ向かう熟女ふたり。

入国審査官をナンパしようとした?(笑)英語のできない熟女。
この勇気だけは買っていただきたい。
一円にもならないけれど。

日本語でも安心な、チャーリーズタクシー

イサベラちゃんの住むハワイ島の直行便は千歳空港からはないため、オアフ島に数泊してからハワイ島へ向かうプランでした。

ダニエル・K・イノウエ国際空港に降り立つと、吸い込む空気が南国🌴
天気は☀ 太陽の匂いがする。どんな匂いじゃ

ホテルまでの移動はチャーリーズタクシーを利用しました。

  • 空港⇔ワイキキのホテルまで定額制$29
  • 日本から事前予約可能
  • シャトルバスよりも早くホテルへ到着できる

日本からメールで事前予約ができるので安心です。
税関を抜けて個人用の出口に公衆電話があるので電話をすると日本語で対応してくれます。

チャーリーズタクシーの詳しい説明は旅マイルさんのこちらのサイトが便利です。


帰りはウーバーの方が安いようですが、日本語でも安心なチャーリーズタクシーを往復で利用しました。チップを考える必要もありません。
一応少し渡した弱気なわたし。

到着が朝なのでチェックインまでは4~5時間の時間があります。
時差に疲れを感じるアラフィフには、ショッピングする元気はない。イケメンを見た時は一瞬元気になったけど。

ホテルに荷物を預けて、ABCマートでフルーツを購入しビーチサイドでゆっくりブランチしながらチェックインを待つことにしました。スイカは日本の方が断然甘い。

マチルダ
マチルダ

早くチェックインできないかフロントで聞いてきて。

入国審査官をナンパできない英語力のわたしが?
うむむ。
とりあえずトライしてみるか・・。

日本語デスクであろう場所に座っているのは、どうみても日本語が話せそうな人には見えない。
苦手な英語でまたチャレンジしてみる。

uchi
uchi

I’m a little eariy.

but I’d like to check in.please.(かなり気持ちのこもったplease.顔も必死。)

Rick
Rick

申し訳ありません。もう少々お待ちください。

めっちゃ日本語で返された(´▽`*)
そりゃそうだよね、日本語デスクだものね~。
その後、果敢にも3回チャレンジ。

わがままなおばさんと思われようが、早くチェックインしてベッドの上で足を延ばしたいんだよーー。

3回目に聞きに行った時にフロントのRickさんの表情がニヤリとしていた。

Rick
Rick

随分待たせてしまったので特別なお部屋、ご用意しましたよ。

たまたま空きがあったから、ランクアップした部屋に変えてくれたとのこと。

Rickさんを思い切りハグするアラフィフ女たち。
ついでにほっぺに軽くキス。

南国は熟女を大胆にさせるわ♪

イサベラちゃんへの日本からのお土産がたんと詰まった想い重いスーツケースを引きずりながら部屋へ到着。


ドアを開けると

オーシャンフロントだった。

わたしは、Rickを忘れはしない~♪ラブイズオーバー♪

タバコにはめちゃくちゃ厳しいハワイ

マチルダ姐さんは愛煙家。
しかし、ハワイではその辺で気軽に一服などできません。

公共の場所での喫煙は原則禁止。

つまりショッピングセンターや公園、ホテル、全て禁煙です。
出入口や階段も禁煙。

たとえ道路や駐車場であっても喫煙禁止となっているので注意しなければいけません。

違反すると罰金$50
ホテルの部屋では、高額な請求をされるそうです。

とても厳しいですね。

ハワイに毎年のように訪れているマチルダ姐さんは、喫煙エリアを熟知していたのですが、どこへ行っても喫煙場所までは歩かなければいけないので、愛煙者にとっては一苦労です。

喫煙エリアマップはこちら

ロイアルハワイアンショッピングセンターの4階は喫煙所が無くなっているようでした。

ロイアルハワイアンホテルはワイキキの象徴

夜はドレスアップしてロイヤルハワイアンホテルのマイタイバーへ。
翌日イサベラちゃんに逢うための景気づけに行こうと決めていたのです。
親愛なる旅好きLadyミミさんからオススメ情報をゲットしていたので胸がわくわく♡

子連れだと夜にバーへ出かけるのは無理。
マチルダ姐さんも今回は子連れではないため、初めての経験だったそう。


久しぶりの大人の時間です。
昼と夜とでは全く別の顔をもつマイタイバー。

日中はビーチやサンセットが見渡せる空間。
ピンク色の椅子とパラソルがワイキキビーチに映える~萌え♡

アルコールと共に、日が沈む海を眺めながらのんびりと過ごしたい、特別な場所です。

夜は波の音を聞きながら、大人の時間を楽しめるラクジュアリーな空間。
どこもかしこも素敵なのですが、トイレまでも素敵か!

広すぎる。
無駄に広いトイレこそ、ラグジュアリーの象徴。

夜も更けて、大人の時間を過ごした後、ロイアルハワイアンホテルの前で日本人の老夫婦が写真撮影をしていました。

ご主人は足がお悪いようで杖をついていらしたので、奥様の写真を撮影するのに少々ご不便そう。

マチルダ姐さんがお声がけをして写真撮影をお手伝いしたのです。

なんと年齢は80歳。
ファーストクラスで毎年ハワイを訪れているとのことでした。

お名前も知らない老夫婦と、ロイヤルハワイアンホテルの前で20分程立ち話。

第二次世界大戦後しばらくは、伝統あるロイアルハワイアンホテルに日本人が泊まる事は許されなかったそうです。

時代は移り変わっていくものよね。
奥様は笑顔でそうおっしゃりながら、ご夫婦とはアロハでお別れ。

たぶんね、家族で訪れていたらこんな出会いは無いと思うのです。
マチルダ姐さんと2人だったからこそ、自分たちのゆとりある時間を過ごせた素敵な夜でした。

な~んて言っていたら翌朝起きたら10時過ぎてた( ゚Д゚)
7時に起きるつもりが、目覚ましの音にも気づかず2人で爆睡。
ゆとり持ちすぎ(;’∀’)

オアフ島からハワイ島へ ヘルプミー

通常のハワイ旅行のプランでハワイ島とオアフ島に行きたい場合、日本→ハワイ島で数泊→オアフ島で数泊→日本へのプランがほとんど。

日本→オアフ島数泊→ハワイ島数泊→日本のプランは無かった。
オアフ島から日本へ帰国するために、ハワイ島へ先に行くパッケージしかなかったのです。

なのでわたし達はパッケージではなく飛行機とホテルはそれぞれ予約したのです。

ハワイ島から日本への直行便もありますが、成田便のみ。
千歳空港の直行便で帰国するには一度オアフ島へ戻る必要があります。



オアフ島→ハワイ島への出発カウンターが分からず、またまた苦手な英語で質問することに。
指をさされた方向へ歩いていくものの、明らかに違う雰囲気。

日本へ帰国するカウンターを案内されていない?
だって、遠いよ。そんな訳ない。

チケットと照らし合わせて確認していると偶然日本人CAさんが団体で通り過ぎた。

すみませ~んとお声がけすると、とても丁寧に案内されたのはさっき聞いたカウンター。

ここで良かったんじゃん!!

日本人CAさんによると、わたしはハワイアイランドと発音したのですが、現地の方はハワイ島のことをビッグアイランドと呼ぶらしいです。
なので、伝わらなかったのだとおっしゃっておりました。

そもそもわたしの出川イングリッシュでは何を言っても伝わらないのですけれど(^^;

にしても、日本に帰るカウンターを案内するなんて、ビッグアイランドと言えない奴は日本に帰れってことかい?


通用口からではなく、外を歩いて飛行機に乗り込む南国感に興奮しながら、イサベラちゃんの待つハワイ島へとTake off✈

ワイキキのまとめ

  • 英語の苦手な人でもチャーリーズタクシーは日本から予約できて安く早くホテルに到着できる。
  • ホテルは運がよければグレードアップしてくれる♡
  • ハワイの喫煙事情はとても厳しい
  • ロイヤルハワイアンはトイレも別格だった
  • 英語が話せなくても出川イングリッシュでなんとかなる

次回ハワイ島へと続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました