スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ハワイ旅vol.1】逢いたい人に会いに行く。準備編

スポンサーリンク
おでかけのこと

20代の頃に10年間働いていた会社で出会った先輩女性二人。
今でも繋がっております。

同じ部署でもなかったのに、振り返れば30年近いお付き合い。
いつからか・・・先輩という感覚は無くなっていました。

大切なお友達。

相手にとっては私は後輩。
しかし年齢を超えて色々な相談をしたり助けられたり助けたり。
後輩なので助けられることの方が絶対に多かったはず。

一緒に働いている時も、そうでなくなってからもわたしの心の中に、いつもいる大切な存在です。

マチルダ姐さんとイサベラちゃんという名でご登場していただきましょう。
日本人ですので本名は違いますが、愛を込めてのあだ名です。

2人の姐さん

マチルダ姐さんは姉御肌。
入社した頃はわたしにとってちょっぴり怖い存在でした。
今思えば懐かしい( *´艸`)

スタイル抜群でハイブランドを纏っても決してブランドに負けない華やかさの持ち主。
困った時はマチルダ姐さんにいつも相談していました。
カッコいい女なのです。

イサベラちゃんは超美人さん。
初めて彼女を見た時に、こんな美人が芸能界入りを目指さなかったのはなぜ?と思っていたわたし。
しかし、お互いの関係が深まっていくと、気づかされたのは彼女の謙虚さ。

彼女は派手さを好まない。
決して前に出過ぎない。
さりげない上品さを持ち合わせている女性なのです。

男性職員やお客様は、美人のイサベラちゃんを誘いたくて仲良しの私によく声をかけてきました。
彼らの目的は、わたしがイサベラちゃんを飲みの席へ連れてくることなのです(笑)

わたしはイサベラちゃんのお陰で美味しいものを食べたり飲んだりできた時代があった( *´艸`)

そんな麗しき時代でしたが、会社に残ったのはマチルダ姐さんのみ。

私は夫の転勤で会社を退職。
イサベラちゃんも会社を退職し結婚してアメリカに住むことになりました。

それぞれが違う土地に住み、それぞれの道を歩いている女3人。
国をまたいでもずっと繋がり続けて30年。

振り返る時はいつも時の流れの早さに驚いてしまう。

行く行く詐欺、撤廃。

国をまたいでもいつでも繋がれるSNS時代。
本当に便利な世の中になったものです。


イサベラちゃんが日本に帰国する度に3人で近況を報告し合う。
キャッチアップ♪
そうして数年に一度は必ず会うことができました。

しかし私達がイサベラちゃんに会いに彼女の元を訪ねることは無かった。

そう行く行く詐欺。

いつか会いに行くよ、遊びに行くよと言いながらも子育て、仕事と自由は効かない。
隣の町へ遊びに行くとはわけが違う。
イサベラちゃんに会いに行くにはパスポートが必要なのです。

突然聞かされたのはイサベラちゃんが大きな手術をするという告白。

心にズシンと響きました。

逢いたい。

逢いたい気持ちは国境をこえる

どれだけ不安だろうか心臓が掴まれる思いでした。

心の底から抑えきれない感情が湧き上がってくる。

逢いたい。
心の底から。
本気で逢いに行きたい。

わたしはすぐにマチルダ姐さんと連絡をとりました。

仕事のこと、子供のこと、全てを調整して彼女に逢いに行こうと。
2人で。

わたしもマチルダ姐さんも大きな手術を経験しています。
お互いちょっとした後遺症持ち。

経験したからこそ分かり合える気持ちというものがあると思うのです。


マチルダ姐さんもわたしと同じ気持ちでした。

よし行くぞ。
行くぜUSA
仕事も、子供のこともなんとか調整して。
考えるといくらでも不安要素は出てくるけれど湧き上がる気持ちを止めてはいけない。


わたしはすぐにパスポートを作りに行き、旅行会社を訪ねました。

Sarah PassosによるPixabayからの画像

まずはパスポートの写真を撮影。
わりと可愛く撮れていると自己満足( ´∀` )

昔のパスポートの自分のお顔と手に届いたパスポートを見比べてみると・・・。


別人(‘_’)

あんた誰?


子供たちも、誰?
このひと。

目がたれとる。
肌がくすんどる。
おでこも広くなっとる。

自分はそんなに変わっていないと思っていたけれど、20年という歳月は、確実に人を変えることを実感。

でもね、今の顔の方が気に入っている。

今の方が自分に正直で、飾っていないからかもしれません。
見た目はね、そりゃ昔の方が可愛いさ~。

でも、今の自分のお顔に満足している自分がいてホッとしています。

日本から出るのは20年ぶり。
新婚旅行以来です。

パスポートを手にした時、このままどこにでも行けるような気持ちにになっていました。

自分の不安を消し去ってくれたお友達

外出することは好きなので、旅行も大好きです。

しかし、わたしは手術後、旅行する度にいつも少し不安です。
目眩に苦しんだ経験から、何かあったら・・・と思うようになってしまったのです。

なので旅行には二の足を踏むこともありました。

手術後1年は不安で旅行には行けませんでしたし、近場の温泉へ一泊、もう少し遠くへ一泊と少しずつ自信をつけて東京へ大阪へと距離を伸ばしていきました。

片側顔面痙攣 ~手術から現在まで 私の体験談~ 始まり編
片側顔面痙攣を経験した体験談をまとめました。手術、入院生活、鬱やめまい、後遺症に悩まされたその後の生活と、顔面片側痙攣体験記、経験談です。



今思えば、イサベラちゃんの存在がなければパスポートを作って海外へなんて勇気は一生持てなかったかもしれません。

旅行という目的だけで、日本を出る勇気を持てただろうか。
長時間のフライトへの不安をぬぐい去れただろうか。



逢いたいと言ってくれる人に会いに行く。

心の底から湧き上がる気持ちが行動へと。

夫もわたしの行動に驚いてはいましたが、出来る限りの協力はしてくれました。
わたしがやると決めたことには反対はしない夫です。

お友達というのは、自分にとてつもない勇気をくれるものです。
勇気を与えたい、何かしてあげたいと思っていても、実際は自分が与えられていることの方が多い気がします。

ESTAの申請ってなんじゃろほい?

マチルダ姐さんから連絡が入り

マチルダ
マチルダ

ESTAの申請やっておいてね。

uchi
uchi

はて?何それ。

ESTAは、ビザ免除プログラム(VWP)を利用して渡米する旅行者の適格性を判断する電子システムです。ESTAは米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。ビザ免除プログラムを利用して、90日以下の短期商用・観光の目的で渡米しようとするビザ免除プログラム参加国の国籍の方は、米国行きの航空機や船に搭乗する前に、電子渡航認証を受けなければなりません。

在日米国大使館・領事館HPより引用

アメリカへの入国は新婚旅行以来。

こんなのあるって知らなかった( ゚Д゚)
知らない間にアメリカに入国するためには14$を先払いしないと入国できなくなっていのね。

さすが、海外旅行に行き慣れているマチルダ姐さんは頼りがいのある女(*‘ω‘ *)

ESTAの申請に必要な物

  • パスポート
  • クレジットカード(本人名義)
  • 14$

出発の72時間前までにESTA申請のHPから必要事項を入力して14$をクレジットカードで支払う必要があるのです。


ホームページから簡単に手続きはできました。
ほぼ日本語ですし、住所などは分かりやすい解説が記載されています。

イモトのWi-FiかよりもMOST SIMが勝ち

旅先でスマホを日本と同じように使えることは必須条件です。

マチルダ姐さんはイモトのWi-Fiを国内から持参。
わたしはAmazonでMOST SIMのフリーSIMを購入しました。

7日間から120日間まで選べます。
7日間は2,150円です。



結果、MOST SIMの方が断然に電波状況良かったし使える奴だった。

そのうえ値段もかなり安い。

現地で日本と変わりなくサクサク検索できました。

MOST SIMは7日間無制限でデータを使えて2,150円
イモトのWi-Fiは1日当たり980円~などのプランでマチルダ姉さんは5千円ほど支払ったようです。

MOST SIMの準備はざっくりとこんな感じ

  1. Amazonで事前に購入する(私は渡米2週間前に購入しました)
  2. パッケージにあるQRコードをスマホで読み込む
  3. IMEI情報、開通希望日(現地時間)、滞在期間、Amazonの注文番号を入力
  4. 登録したメールアドレスにメールが来る
  5. 現地に到着したらSIMカードを入れ替える

たったこれだけの作業です。
到着直前に飛行機の中でSIMカードを入れ替えると空港ですぐに繋がりました。

現地で知らない電話番号から着信がありましたが、スルーすれば大丈夫です。

滞在期間中はなんの不自由もなくネット検索できましたし、子供たちとのLINE通話も快適でした。

※3大キャリアと契約している方はSIMロック解除をする必要があります。

わたしは普段からフリーSIMでスマホを利用しているので、SIMロック解除の必要ありませんでした。

わたしは、1週間使えて安価なものを探していたのでMOST SIMはベターな選択でした。

アラフィフ女。ビキニ買う。

マチルダ
マチルダ

必ずビキニ持ってきてよ。

uchi
uchi

ビ、ビキニ??

マチルダ
マチルダ

涙を流して慰め合いに行くなんて意味ない。

元気になって楽しみたいと思わせるために行くのよ。

元気になろうと思う気持ちは自分の中から溢れ出てくるもの。
その気持ちこそが病気に打ち勝つのだ。
不安な気持ちのイサベラちゃんを慰めに行くわけじゃない。
一緒に泣くためじゃない、一緒に笑うために行くのだ。

40代でも、50代でも女は女。
ビキニを着る勇気が持てるくらいに元気になれるのだということを証明しにいく。

マチルダ
マチルダ

心から元気になりたい、その気持ちが大事なのよ。
uchiも挑戦するのよ。
下っ腹とか気にしちゃだめ。

uchi
uchi

御意

かっこいい。

マチルダ姐さんのこういうところに強く惹かれています。

10年前に片側顔面痙攣の手術後、ベル麻痺になり落ち込んでいるわたしに電話をくれたマチルダ姐さん。

マチルダ
マチルダ

今はそう思うだけ。時が経てば気持ちも変わるのよ。

そう言って救ってくれたのもマチルダ姐さん。

ビキニを購入し、スーツケースに詰め込む。
ただ、弱気なわたしはワンピースの水着もそっとスーツケースに忍ばせておいたのでした。


準備のまとめ

  • 会いたい人には絶対に会っておくべきだと確信した
  • お友達がくれるパワーは自分の人生を豊かにしてくれる
  • アメリカ旅行に行くときはESTA申請で14$払わなければならない
  • 海外旅行の時はフリーSIMをAmazonで購入するのがおすすめ

こうしてマチルダ姐さんとわたしのアラフィフ二人でハワイに向けて出発したのです。

コメント

  1. ミミ より:

    グイグイ引き込まれるように読みました。自分史におけるエポックメイキングな出来事をこんな風に文章として残しておくのは大切な事ですね(^^)/
    私も三愛水着大好き。品質イイし日本人体型を考えて作られていますよね!旅行に行けない今、自分が旅するような気持ちを貰いました。(ESTA申請しちゃいそうな勢いっ) 続きも楽しみにしています。ミミ

    • エポックメイキング°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° 意味を調べました(笑)今回はvol.2ではミミさん登場( *´艸`)今度、ミミさんへの想いも綴らせてください。ブログ源氏名、何にしようかな(笑)MIMI?イギリス風にソフィア?グレイス?三愛水着に共感嬉しい♫わたしは以前見たアメブロかな?ミミさんのピンクとブラウンの超可愛いビキニがかなりドストライクで、今回もそんな色合いのを探したのですが見つからなかったの( ;∀;)コメントありがとうございます。またまたドキッとしちゃいました♪

タイトルとURLをコピーしました