スポンサーリンク
スポンサーリンク

クリスマツツリーを飾りました

スポンサーリンク
うちのくらし

1号が産まれてから17年。毎年12月1日に間に合うように飾り付けするクリスマスツリー。
外には雪がしんしんと降っています。

静かな北海道の冬が始まりました。

コロナの感染者も増え続けていて、外出するのもスーパーかドラックストアのみ。
自宅でささやかに楽しみながら過ごしています。

100年前にもスペイン風邪でパンデミックが起きていたようで、人類は何度もこのような状況を乗り越えていきてきたのでしょうね。そんな記事を読みました。

オーナメントへの想い

毎年可愛いオーナメントがあれば1つか2つ購入しています。
今年はSeriaで見つけたこちらが新参者。

どうしても白い物に目がいってしまいます。

札幌大通り公園で毎年開催される「ミュンヘンクリスマス市」でクリスマスオーナメントを物色するのを楽しみにしていたのですが、残念ながら今年は中止です。

札幌大通り公園がイルミネーションで彩られ、たくさんのお店がクリスマスグッズを販売したりワークショップを開催したりと、北欧っぽい雰囲気もある素敵なイベントなのです。

12月に札幌にお越しの際はぜひ立ち寄って欲しい場所です。

来年を楽しみにしています。

私のお気に入りオーナメントはハワイに住む友人から頂いたウクレレのデザインやヤシの木のデザインのオーナメントです。
友人の事を思い出しながら、雪の降る北海道で暖かいハワイを妄想してほっこりした気持ちになるのです。

今年も子供たちと無事に飾り終わりました。

ひな祭りのお雛様、子供の日の兜、クリスマスツリー、この3つを1年間で無事に飾り終えるとホッとします。
家族が一年健康で過ごせた事に感謝できるからです。

サンタクロースを信じている子供はいなくなった

1号は17歳、2号は10歳。
ちょっとした事件から、我が家にサンタクロースを信じる子供はいなくなりました。

強欲な2号は秋頃から毎日のようにクリスマスプレゼントを妄想しているようで。
そして要望はコロコロ変わります。

ここ最近ではパソコンのマウスと、ゲームを一つに絞りつつあるようです。

uchi
uchi

サンタさん来るかなぁ?良い子には必ず来るんだよ。


なんて言っていた頃が懐かしい・・・o(TヘTo) くぅ


あれは1号が4,5歳の頃だったでしょうか・・。
外出の際にいつも持ち歩いていた小さなウサギのぬいぐるみ。
名前は「なおちゃん」だったかしら?もう名前も思い出せない💦薄情な・・。


近くのショッピングセンター内で紛失してしまったのです。
まだピュアな心を持っていた1号はサンタクロースに紛失したぬいぐるみをプレゼントとしてお願いしたのです。

uchi
uchi

やばっ。あんな大型ショッピングセンターで落として見つかるわけがない。

ネットで同じ種類の似たようなぬいぐるみを探して、地べたに叩きつけて汚した後に擦り洗いして使用感をだした後にプレゼントに紛れ込ませてなんとかごまかそうか?と邪な考えしか浮かばなかった私。

ウサギのぬいぐるみを地面に叩きつけて汚している母親の姿など、想像しただけでもおどろおどろしい、怪奇映画のワンシーンかよ。


一応聞いてみるか・・とショッピングセンターの警備室へ電話したところ・・・

見つかったんです!

書店に立ち寄った際に本の上に置き忘れていたらしく、店員さんが警備室へ届けてくれたそうです。
後日引き取りに行き、書店の方にお礼を言いたくて立ち寄りましたが、どなたが届けてくれたかは分からず終いでした。

簡単に捨てられても仕方ない物だったでしょうに、届けてくれる方がいるなんてね。

世の中捨てたもんじゃないよ。


時を経て家にいるのは、現金主義の1号と物欲の塊な2号。

子供たちが成長していけば、我が家からクリスマスツリーが消える日もそう遠くはなさそうですが、もう数年は楽しみたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました