スポンサーリンク
スポンサーリンク

やらかした!ニトリの商品券の有効期限が切れてる!!

スポンサーリンク
くらしの日記

8月に入って、もう半分過ぎちゃったの?

夏休みが終わっちゃう。

普通に仕事もしているけれど、学校に勤務しているせいか?生徒同様、夏休みは特にテンションが上がります。

テンションが上がりすぎて、大事なことを忘れてた・・・。

商品券には有効期限があった

ニトリの珪藻土バスマットの自主回収時に贈られてきた商品券。

そういえば有効期限が近づいている気はしていました。

何の気なしに思い出して、何の気なしにお財布に入っていた商品券の有効期限を確認してみると、

きれとるやないかーーーーい!!



あー信じらんない。

1か月も前に切れてる。

たかが500円。

されど500円。

こういう時って、通常より増し増しで損した気分になるのは私だけ?

何やってるんだろ自分。

お皿の1枚でも買おうか。

それとも、クッションカバーを買う足しにしようか。

商品券が届いた時には、買うものまで想像していたのに。

何度も車で横を通っただろうに。

なぜ、ハンドルをニトリの駐車場にきらなかったの?

がっかり(ノД`)・゜・。

たった500円なのだけれど、有効期限を見つめながら、忘れっぽい自分の愚かさを悔やむ。

ポイントカードはお財布からスマホへ

同じく忘れやすいのがポイントカード。

ポイントカードはどこの店舗でも強制ではないのに、なぜか増え続けてポイントカードだけでお財布はパンパン。

ポイントカード専用のカードケースを作って持ち歩いています。

スマホアプリの導入で、スマホの中に入ったポイントカードもいくつかあります。

北海道ではおなじみのドラッグストア ツルハのポイントカード。

今は使うこともないけれど、再来年くらいには使いたいANAマイレージカード。

楽天カードに、無印良品、T-ポイントカード、アインズアンドトルペ、大企業はスマホアプリの対応が早い。

でも、近所の小さなスーパーや、たまに行く小さなケーキ屋さん、から揚げ屋さん、ネイルサロン、昔から通っている美容室などなど、私が愛してやまないお店は、紙のポイントカードにスタンプを押してくれている。

ポイントカードというよりは、スタンプカードですね。

スタンプカードは大好きなのです。

スタンプに有効期限を設けている場合、スタンプカードは貰わないと決めています。

有効期限内に、スタンプが貯まったためしはない。

ニトリの商品券同様、捨てる羽目になるのは目に見えているから。

有効期限なんて設けておらず、来てくれたらスタンプ押しますから~♫という姿勢のお店が好きだなぁ。

なので、スタンプカード専用のカードケースには、そんな姿勢のお店のスタンプカードが数枚いつでも登場できるようにスタンバイしているのです。

そして、貯まったポイントはすぐに使うように決めています。

「 今使えるなら、使っちゃいます。」が口癖。

すぐ忘れるから。

ポイントって使う喜びよりも、貯めることに喜びを感じている気がします。

なかなか減らない、お財布のカードや〇〇券事情

それなりに努力はしているけれど、私のお財布にはカード類、商品券、お食事券なんかで賑わっています。

改めてちょいと確認してみると、不要なカードが結構あったので整理することに。

必要な物はこれくらいです。

・運転免許証
・自分と子供の保険証
・クレジットカード
・コストコのカード
・サピカ(札幌市内の地下鉄、バスのICカード)
・ジェフグルメカードお食事券
・ゴルフ場の割引券
・ゴルフ練習場のカード

サピカやお食事券、割引券は普段使わないのだけれど、使おうと思った時に必ずといっていいほど、財布に入れ忘れる。

現場で、「忘れた~!!」と何度も後悔しているのでお財布に入れっぱなしにしています。

この他に、京都の伏見稲荷で購入した小さな金色の亀のお守りを小銭入れに1匹。

こういうものをお財布に入れることが、自分も歳をとったなと感じるところ。

睡眠導入剤と、胃薬と、安定剤も1錠ずつお守り代わりに入れています。

はい、不要なクレジットカードが数枚ありましたが、今回を気に解約することにしました。

ちょうどコスコトで作ったクレジットカードも年会費が掛かるところだったので、気が付いて良かったです。

頂いたお名刺数枚も別の場所に移し、これでお財布もかなり軽くなりました。

ポイントカード類は、小さなカードケースにまとめてポーチに入れて持ち歩く。

ポーチを持ち忘れた時は、ポイント加算も潔く諦める。

定期的にお財布も整理整頓しないと、パンパンになってしまうので気をつけようと思いました。

そして、商品券はすぐに使っちゃおうと強く心に決めたのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました