スポンサーリンク
スポンサーリンク

【コロナワクチン接種】予約できましたin札幌。そして蜂に刺された今日。

スポンサーリンク
くらしの日記

札幌市によると、私は64歳以下で優先接種対象者だそうです。

保育園、幼稚園、高齢者施設、小・中学校勤務者は優先接種対象者なのだそうです。

ということで、一昨日自宅に郵送されてきたのは夫と私の予約券。

集団接種は今日の9時から予約受付開始とのことでしたが、のんびり構えておりました。

だって、午前中はお仕事が入っているんだもの(-_-)

13時過ぎから、QRコードを読み込み、予約開始(^^)/

一番近くの大規模接種会場で打ちたいと思っていたので、画面を進んでいくと・・。

7月は月末の2日間しか、すでに空きが無い(‘Д’)

土日は全滅。

そうなると、焦ってくる(;’∀’)

日程を迷っている時間の余裕はないのね。

自分の予定と調整して・・・なんて優著なことは言っていられず、こちら側がワクチン接種に合わせなければいけなかったのね。

夫の分も予約しましょうと、番号を入れたのですが、職業柄、優先接種対象者ではないため、予約画面までは進んでいけず(._.)

いけず~。

夫は職場接種するか迷っていたので、出張の際に済ませるなんて話も。

とりあえず、なんとか予約完了しました。

蜂に刺された午後

今日は、2号の終業式。

明日からは、楽しい、楽しい夏休みの始まりです。

しかし、帰宅した息子の表情はというと・・・。

2号
2号

イライラする(。-`ω-)暑くて、イライラする!

暑くてのぼせたのか、真っ赤な顔をして、全身汗だくで帰宅しました。

たしかに、ここ数日の北海道の暑さは異常です。

最近は毎晩、エアコンをつけて就寝しています。

24時間エアコンをつけっぱなしの日がかれこれ1週間も続くなんて、過去を振り返っても一日も無かった気がしています。

私の住んでいる地域は、札幌市内といえども隅っこなので、風通しは良いのです。

夜は、窓を開けて、夏の風の匂いを感じながら寝るのが楽しみでもあります。

そんなわけで、汗だく息子にシャワーを進めて落ち着かせ、2号の大好きな玉子料理でお昼を済ませて、習い事の送迎に車に乗り込もうとした瞬間。

バチンッ!!

と、肩に電気が走った(>_<)

痛いっ

と思った瞬間にブブブブブ~ンと蜂の羽の音が聞こえてプチパニック\(◎o◎)/!

やられた!

しかし、敵の姿が見えない。

右の肩に電気が走ったような痛み。

慌ててスマホで「蜂 刺されたら」をググる。

傷口を水で流して、毒を出し冷やす。

そう書かれていたので、その通りにやってみる。

しかし、肩を水で流そうにも、我が家の洗面台は小さくて、小柄な私の肩も入らない(/_;)

仕方なく、手ですくいながら、肩に水をかける。

毒を出すって・・?どう出すの?

口で吸い出してはいけないとか、吸い出しても良いけど飲み込むなとか、色々書かれているけれど、肩まで口が届かない。

周りにいるのは2号だけだし、息子に吸わせるわけにはいかん。

義父母も近くにいるけれど、吸ってもらうのは嫌。

それよりも、息子を早く送迎して、ゴルフ練習場へ行きたい気持ちが急く。

で、爪を立てて傷口をギュッとつまんで、血を絞り出した。

すげー痛いけど、すげー痛いけど、打ちっぱなしへ行くためならば、猫にでもトラにでもなるわ。

荒治療。

虫刺されの薬をちょちょいと塗って、『きのとや』でケーキを購入したときについてきた小さな保冷剤を冷凍庫から取り出し、肩に直接あてて、包帯でグルグル巻きにして車に乗り込む。

ノースリーブの肩はべちゃべちゃなうえに、包帯で適当にグルグル巻き。

その姿は、まるで負傷した兵士。

もしくは、ピッチャーですか?

いえいえ、ゴルフ初心者おばさんです。

そして、2号を習い事へ送り、予定より30分遅れでゴルフ練習場へ到着。

どんぐりちゃんは、すでに退勤していた(;_;)

チクチクしていた肩も、その頃には落ち着いて1時間半の練習終了。

蜂に刺されたら、病院へ行くのが常識だった

しかし、蜂に刺される衝撃はひどいもんです。

一瞬、電気が走った。

肩に熱いものをジュッとつけられたような、強い威力の静電気をバチッとやられた感じです。

帰宅後、1号に話すと

1号
1号

病院へ行きなさいよ。アナフィラキシー起こすよ。

あら?そういえば、蜂に刺されたのはこれで2回目。

30年前に、会社の慰安旅行でテニス中に、太ももの付け根をバチンと刺された経験あり。

その時も、特に薬も付けず、しばらく痛かったけれど自然治癒した思い出。

蜂に刺されないためには

そういえば2回目だなぁと思うと少し不安になったので、医師会のホームページで蜂に刺された時の対処法を読んでみました。

蜂は黒いものを狙うので、白い服を着ましょう

って、全身白い服でしたわ!!

白いノースリーブにショートパンツでしたけど(。-`ω-)

ただ、刺される前に、玄関前の花壇に水やりをしていたのです。

きっとその時に私の周りをブンブンしていたのでしょうね。

自宅前の小さな花壇のラベンダーにはいつもミツバチが蜜を集めにやってくるので、水やりをして、蜜を無料で提供してやっていたのに、奴らこんな仕打ちをするなんて(/_;)

刺されるのはワクチンだけで結構(>_<)

しかし、大事にいたらず不幸中の幸いでした。

夜に見てみると、もうどこを刺されたのか分からなくなっていました。

猫になって爪を立てた荒治療が功を奏したのかもしれません。

蜂に3回刺されたら死ぬ。

そんな都市伝説を小さい頃から耳にしていましたが、3回どころかスズメバチに1回刺されただけでも、死ぬときには死ぬそうです。

蜂毒アレルギーがある人は、1回刺されても死ぬ。

蛇や熊やサメよりも、ハチに刺されて亡くなる方が年間平均25人もいるそうです。(厚生労働省の人口動態調査による)

日本一の殺人生物だったのね。

ミツバチハッチが大好きだったから、油断しちゃっていたけれど、今後は油断禁物です。



さて、今夜は久しぶりに涼しい夜。

エアコンを切って窓を開けて、夜風を楽しみながらベッドでゆっくり寝られそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました