スポンサーリンク
スポンサーリンク

目覚ましアラームは鳥の鳴き声。アラフィフになると二度寝出来ない問題

スポンサーリンク
くらしの日記

今朝は雷の音で目覚めました。

最悪(._.)

すぐに寝ようと試みる。

でも、またゴロゴロゴロと雷の音。

目覚めるな!私の脳。

強く命令しても、いう事をきかない私の脳。

寝ろと指示をだしていても、脳はすっかりお目覚め。

天邪鬼。

しばらく目を開けずに、私の脳を自然な二度寝へと誘う。

もう一度寝ましょうね~頭の中を空にして~

と思ったら、またゴロゴロゴロ。

あ~あ・・。

そんなに大きな雷でもなかったけどね。

雷様の子供が早朝トレーニングでもしているのかな。

雷小僧が暴れていると思えば可愛いものかと、昔話の絵本に出てくるような、トラ柄パンツにアフロヘアのお子ちゃまを想像しながら、ため息交じりで目を開けてスマホを確認。

4時45分かよ(-_-;)

早朝の雷、暴風、地震には敏感です。

だって、お日様が登っていたら、もう、二度寝は出来なくなっているのですから。

神経が高ぶりやすいのか?

5時半前には起きたくはないのよ。

48歳で二度寝が出来ないなら、10年後、20年後はどうなっちゃうの?

毎日4時に起きて活動しだす、お婆ちゃんになるのかしら。


二度寝への憧れ

二度寝どころか、三度、四度、五度、、、。

永遠に二度寝を繰り返せたのは20代まで。

目覚まし時計を何度止めても、一瞬で深い眠りに誘われたあの頃。

30代に入り子供を授かってから、安眠は強制的に奪われました。

妊娠中はつわりに苦しみ、産後は夜泣きと付き合い、やっと落ち着いて眠れるようになったと思ったら、加齢のせいか二度寝しようにも脳が寝てくれない。

カーテンの向こう側が暗ければ、浅い眠りには誘われるのですが。

6月の札幌。

お日様が顔を出して、うっすらと明るくなってくるのは4時頃です。

4時から6時までは、地震、雷、火事、親父はやめてほしい。

親父?

相当イケメンな親父か、よっぽど人の良い親父じゃないと、誘いには乗れんよ。

おやじの語源は強風だっとも言われているそうです。

先日は、暴風で目覚めたけれど、親父のいびきで目覚めるのもごめんです。

でも、気の向くまま、思うままに二度寝がしたい。

特に休日の朝に、二度寝してダラダラしたいと思っても、一度目覚めたら寝られないのだから。

ベッドの上でゴロゴロしながら、深い深い眠りへ誘われるのを待ってみても、脳は起きろ、起きろとせかしてくるように思える。

ガッカリです。

ぐっすり寝ているのに、また寝れちゃうよっていう経験をもう一度してみたいなぁと思うこの頃です。

目覚めは鳥の鳴き声で


大きなアラーム音が苦手です。

心臓がドキーン( ゚Д゚)として目覚めたくはない。

アラームは鳥の鳴き声をチョイスしています。

鳥のさえずりで目覚めると、気分が良い。



一番小さな音でも目覚めることができるくらいなんです。

なんならアラームの鳴る10分前くらいには目覚めているのだけれど。

7時間10分という中途半端な時間に設定しているけれど、実際には眠りにつくまで1時間くらいは読書やスマホをして、アラームの鳴る30分前には、なんとなく目覚めているのが日々の生活リズムです。

実際の睡眠時間は6時間程度なのだと思います。

あぁ、8時間たっぷり熟睡したい。



ホテルのように遮光カーテンにすれば、脳も勘違いしてたっぷり睡眠できるのかな。

遮光カーテンを検討中です。





コメント

タイトルとURLをコピーしました