スポンサーリンク
スポンサーリンク

なんかいる!ゴキブリを見た事がない道産子。

スポンサーリンク
くらしの日記

先日、職場を綺麗にしましょうねと数名の職員で更衣室やらをお片付け。

たいして重い物など持ち上げてはいないのだけれど、就寝前に足の付け根が痛い。

湿布を貼って寝ようかなと、キャビネットの扉を開けた瞬間。

なんか いる!!

薬が置いてあるキャビネットの下に黒いものが(; ・`д・´)

虫か?
ギャー(>_<)

ひゃ~💦と思ってのけぞったら、かがんだままでひっくり返って椅子に頭をぶつけてしまいました。

ぶつけた頭は痛いけど、それどころじゃない。


慌ててティッシュと殺虫剤を手に取り、捕まえる OR キルするか?
心臓の鼓動が高鳴る就寝前。

かなり俊敏に殺虫剤を取りに行けた自分を褒めてあげたい。


最初に頭によぎったのは、ワラジムシ。
でも、ここは3階。
ワラジムシって3階までクライミングできる体力はないよね。



真夏なまだしも、まだ5月だというのに虫が家に入ってくるなど考えられん。

札幌でハエ以外に家に侵入する虫といえば、てんとう虫🐞、蚊、わらじ虫、蜂くらいなもの。

オロオロオロロ😰


もう一度目を凝らしてよーく見てみると

影だった。

すごーく疲れた夜。

虫じゃなかったことに安心はしたけど、こういう勘違いをするなんて自分を戒めたい。

そして家族は皆寝ているなんて。

空しい。

本州の人達は、こういう時、ゴキブリか?って思うのかな。

ゴキブリ、バージンです。

考えてみれば、本物のゴキブリを見た事は今まで一度もありません。
多分、私の周りの道産子たちも、見た事は無いと思う。

道外に住んだことのある人なら経験があるのかもしれませんが、家にゴキブリが出たなどという会話をしたことは一度もない。

ススキノにはゴキブリがいるという噂を聞いたことはあるけれど。

ゴキちゃんは段ボール等の荷物について道内入りすることはあるらしいのですが、一般の住宅で冬を越すことはできないほど、寒さに弱いそうです。

とはいえ、北海道にもゴキブリは存在しているのは事実らしいです。

でも、もし夏に自宅にゴキブリが出たとしたら・・・?
見た事がないから、ゴキブリだとは分からないと思うんです。

そんな話を東京に住む友人にしたところ、
「分からないわけがない!アホか?絶対にすぐ分かるって。」

と言われてしまった。

子供の頃はゴキブリという名前さえ知らなかったし、
大人になって存在を知ったときも、飛ぶ虫といえば・・・小さいカブトムシか、コオロギみたいだなぁと思っていたし、
今もそう思っている。

ゴキちゃんは相当な嫌われ者みたいだけど、一度は見てみたいような気もする。

怖いもの見たさかな。

北海道にしかいない虫は・・?雪虫。

ゴキちゃんはいないけれど、北海道にしかいない虫ってなんだろうかと考えると、雪虫を思い出しました。


雪が降る前に突然大量発生する雪虫。

とっても小さくて、お尻が白い虫なのです。

こう見ると、可愛いな。
ゴキちゃんとは比べものにならないくらいに可愛い( *´艸`)

でも、小さい頃はこの雪虫が大嫌いだったのです。

とっても小さな雪虫は、信じられないくらいに大量発生するので、自転車に乗っている時に出会うと避けられない。

目を開けていられないほど。
全身雪虫まみれになっちゃうから、本当に嫌いだったのだけれど。

車移動になってしまい、最近は出会っていないなぁ。

とっても小さいから、身体に付着するとすぐに死んじゃうんだけどね。

こうして写真で見ると、虫にしてはロマンがある。
綿のようにふわふわ飛んでいる可愛い虫だったね。

なんだか、愛おしくなってくるじゃないの。

今年の晩秋に雪虫を見かけたら足を止めてみようかな。



コメント

タイトルとURLをコピーしました