スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneからの警告!に動揺。iPhoneがハッキングされていますは偽警告です。

スポンサーリンク
くらしの日記

先日、iPhoneでググっていると突然こんな画面が現れて一瞬どころか、数分ドキッとしました。

ハッキング?騙されるな!落ち着いて。

えーーーわたし、ハッキングされてるの?

すぐに対処が必要ですって?
怖い。
OKボタンを押したくなる。
指示に従いたくなる。
ハッキングとかハッカーとか、よく分からないものは怖いです。


ハッカーってどんな人なんだろうか妄想してみました。

ものすごいスピードのブラインドタッチでコード入力して、PCを自分でカスタマイズ出来て、ぐちゃぐちゃのルービックキューブを暇つぶしに一瞬でそろえて、皮を剥かずにリンゴをかじって、同じデザインの黒いTシャツしか着ないこだわりを持つ自由主義な感じの人かな。

そんなことはどうでもいい。



OK押したいけど、ちょっと待て。

わたし以外でも日本のどこかにはきっと、同じ画面が出ちゃったよという経験を持つ人は必ずいるはず。

落ちついて!

ググる


ググってみると、はい。
出た。

案の定偽警告。
Digital KeeperさんやSBAPPさんのサイトに詳しい説明がありました。
こういうサイトは本当にありがたいです!

そしてググってトップ画面にこのサイトが出てくるということは、いかに多くの人が検索したかを表している。

私以外にも多くのiPhoneユーザーに出てくる警告なのでしょう。

OKを押してしまい進んでいくと怪しいアプリのインストール画面になります。
怪しいアプリは決してダウンロードしてはいけない。

とても巧妙な手口で、本当に信じてしまうほど精巧な画面。

備えは大丈夫か?

お財布を持たずともスマホがあれば決済もできて、本当に便利な時代です。

でも、こんなドキッとする画面。
少し考えさせられました。

自分の備えは十分だろうか。

フェイスIDで認識しているし、暗証番号も全てスマホの中。
備えは不十分です。

今回の警告で、暗証番号などは、持ち歩かないノートに書き写しておこうと決めました。
以前から、ノートに記載していたのですが、定期的に変更を求められるので新しいパスワードを記載するのが疎かになっておりました。

便利になりすぎて便利ボケしている自分への警告と捉えることにします。

危険だからこそ、定期的にパスワードの変更してくださいと注意喚起されるのです。
これだけは定期的に変更して、その都度ノートに書きとめようと決めました。

初歩的なことですが、安全性は一番高い。

自宅に泥棒が入っても、古びたノートは盗まないでしょうし、自分の脳のメモリー機能はどんどん低下していくばかりです。

スマホを紛失した時に困るのは自分です。
PCからサイトへアクセスするのにフェイスIDは使えない。

クレジットカードの明細は細かくチェックする

スマホ決済で支払う頻度が増えて、今ではほとんど現金を使いません。
ポイントも貯まるし便利ですよね。

便利ボケしちゃう。

以前、クレジットカードの明細をチェックしていると、同じ日にガソリンスタンドで2回給油していることに気が付きました。

店員さんが私のカードを他の人の給油にも誤って使ってしまったのです。
監視カメラに映っていて、悪意ではありませんでした。

すぐに自宅にお詫びに来られて大事には至りませんでした。

また、アマゾンプライムの無料お試しチャンネルに登録して、そのまま解約を忘れて無料期間は終了し、月額数百円が引き落とされていたことも。

もしわたしが明細書のチェックをしなければ気が付かなかったことです。

  • レシートは必ずもらう
  • レシートをケースにためておく
  • 1か月に一度は必ず明細書を照らし合わせる


気をつけていても、レシートを捨ててしまったり、買った記憶のない金額が明細書に記されている時があるので、徹底的に調べます。

調べると、1か月前のことでも思い出すことができます。
安心感を手に入れるには、面倒ですが大切なことです。

手を変え品を変え忍び寄る詐欺

詐欺というのは、あの手この手で、手を変え品を変え、すーっと忍び寄ってはドキッとさせて不安を煽り騙す。

騙される方が悪いのだと笑っているのか。
怒り心頭です。

iPhoneユーザーの方も、そうでない方も、どうぞご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました