スポンサーリンク
スポンサーリンク

サンキュー事故とは。そして修理工場の神対応

スポンサーリンク
くらしの日記

日中は大雪だった今日の札幌。
スケートリンクのような道路でした。ヒヤヒヤ

今日は嬉しい事が一つ。
やっと車が修理から戻ってきました。

約1か月の代車生活に終止符が打たれました。
とりあえずホッとする。

修理工場の神対応に感謝

私は札幌の端っこに住んでいますので、車は必須です。

年末の事故で少し落ち込んでいましたが、

時の流れというものは、心を自然と癒してくれるものなのですね。

帰ってきた車は、いつもお世話になっている修理工場の方のはからいで
事故前よりもピカピカになっていました。


修理に入れた時に、
私があまりにもガックリ_| ̄|○しているように見えたらしく、

『ボディの擦り傷もサービスで磨いておいたよ。
時間はかかったけれど、uchiさん、これ見たら少しは元気になるでしょ?』

と、なんとも嬉しい、ありがたいお言葉。

年末の事故だったので、ディーラーはすでに年末年始の長期休暇に入っていました。
事故車をガレージに入れて年を越すなんて、むなしい・・。

そんな時に、最終営業日だった馴染みの修理工場に電話をすると、
『とりあえず落ち着いて、会社まで来て。代車も用意しとくからね。』

その言葉がどれだけありがたかったか。

人の温かみを感じます。

息子がよく使う『神ってる』とはこういうことだわ。

ロイズのチョコレートを手土産に、社員の皆さんにご挨拶して帰ってきました。

サンキュー事故とは

今回の私の事故は『サンキュー事故』と言うそうです。

私にとっては初めて耳にする言葉でした。

優先道路の車両が非優先道路の車両に対し、道を譲ったことによって発生する交通事故です。

私が第二車線にはみ出していたこと、優先道路は第二車線。


サンキュー事故の場合は、私はあくまでも非優先道路。
いくら道を譲ってくれたとしても、私が停止していたとしても、渋滞していようとも、
相手側が優先道路ということでこちらは分が悪いということです。

今は、幸い大きな怪我もなかったことと、軽い事故だったことに改めて安堵しているのと、
車を運転することに更に身が引き締まりました。


特に雪道ですので、とにかく無理はしないと心に決めた。
右折と左折を迷い、右折を選んだ自分に後悔。

しばらく左折しかしたくない気持ちです。

そして気を引き締めて運転したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました