スポンサーリンク
スポンサーリンク

【更年期】アラフィフ主婦のリモート事情とお金の話。三種三様の生き方。

スポンサーリンク
くらしの日記

昨日は東京在住のお友達Yちゃんと、札幌市内のお友達Miちゃんと私の3人でZOOM。

3人とも過去に同じ職場で働いていた同僚です。
私が一番年上ですが気さくに話せるお友達。

同僚からお友達に変わる瞬間はいつなのでしょう?

そもそも相手に好印象が無ければお友達になることはないでしょうし、職場以外の場所で会いたいとも思わないでしょうし。

お友達と認識したのがいつなのかは分かりませんが、退職して10年経過しても、結婚して東京へ行ったYちゃんが札幌に帰省する度に3人で会い、離れることなく関係を続けてきました。

会話することで気持ちも変わる

今回は私がホストとなりZOOMの招待メールを送信。
時間通りZOOMに入ってきたYちゃん。
東京で家を購入し4人家族で暮らしています。

なかなか入ってこないMiちゃんを待ちながらYちゃんと2人トーク。
遅刻しても気にならないのがZOOMの良いところですね。仕事の会議じゃないからお気楽♪


Miちゃんは札幌市内在住で、我が家から車で30分ほどの場所に住む4人家族。
uchiも4人家族。

家庭環境は似ているけれども、女3人の生き方は三種三様。


完全に専業主婦で子育て中のYちゃん。
本当は一日でも早く、短時間でも良いから働きたいと思っているけど、子供がまだ小さくて幼稚園の役員も引き受けていて難しいらしい。


短時間パートをしながら子育て中のMiちゃん。
単純作業でもストレスにならない短時間でパートをしながら、節約してのんびり過ごしたいと考えている。


ダブルワークしながら家事、子育てする私。
最近ダブルワークに少し疲気味だった自分。
メインの仕事がコロナ禍で忙しく、サブの仕事の量を減らしてバランスを取っていたのです。

サブの仕事を辞めようか・・気持ちがグラついていました。

しかしお友達と近況を話しているうちに、
二つの仕事を掛け持ちできる身体と、環境にあることと、
そもそも雇ってもらえていることのありがたさに気づかされ、仕事ができる環境にある限りはダブルワークは続けてみようと思い直しました。


2人の話から、新しい仕事を探すとなると、厳しい現実が待っていることを改めて知ったのです。

さらに盛り上がるのはお金の話。本当の安心ってなんだろう。

お金の話になると3人とも真剣です。

つみたてNISAやiDeCo、保険、住宅ローン減税、ふるさと納税と話はつきません。

家族構成や金銭感覚も似ているので、悩みも同じ。

教育費と老後資金の意見交換は重要案件。

私が無駄な医療保険は全て解約したことを話すと二人も共感。
早々に考え直すという話になりました。

安心を買っているようで買っていない医療保険や外貨建ての年金保険、変額保険。


安心が欲しい私が手放すのには勇気が必要だった。
お友達も同じです。

自分で証券口座を開設して、少しずつ知識を学び経験すれば保険会社から安心を買う必要はなくなるのでは?


そんな風に考えています。

必ず話題になるイクメン問題


イクメンなご主人と結婚したMiちゃん。
イクメンじゃないご主人と結婚したYちゃんと私。


Miちゃんのご主人の家事育児に対する行動を聞くとヨダレが出るくらい羨ましい。


世の中にはこんなにも家事をこなしてくれる亭主がいるもんなんだなぁと感心するくらいです。


良く働き、良く動くMiちゃんご主人の最近のイクメンぶりを聞きながら、
私とYちゃんは自分の夫との違いを言い合い、話は盛り上がっていくのです。


Miちゃんは「私が全部は出来ないから。」といつも言う。
つかさず私が、「いや、出来るから、やらないだけ(笑)」とツッコミを入れて3人で爆笑。


同じ職場で働いていた3人ですが、それぞれ違う環境で子育てをしながら生きている今。
近況報告をして話し出すと、楽しくて止まりません。

あっという間に4時間経過していました。

夫の良し悪しで変わる?主婦のリモート事情

リモートで気になるのは夫の存在。

夫が出張中のuch家では、誰にも遠慮することなくリモートおしゃべりが出来ます。

Yちゃんはご主人がジムへ行っていたので自由におしゃべり。

Miちゃんはご主人がイクメンなのでリモート中も子供の相手をしてくれていたようです。

もし、気をつかうご主人がいる中でなら、主婦のリモートおしゃべりは難しい。
家庭を持つということは、そういう事なんでしょうね。


今回はお互いの家にも行ったことのある3人。
部屋が散らかっていようが、子供が乱入しようが、全く気にならない。

むしろ成長した子の姿をリモートで見ることができて嬉しかった。

こんなご時世ですから、女同士で楽しい時間を過ごせたことがありがたい

やっぱり顔を見て話したい

3人でのリモートは初めての開催でした。

最初は数日前にLINEのグループ会話で楽しんでいたのです。

年末に車の事故を起こした話をすると、Yちゃんも年始に事故ったとのこと。
Miちゃんも過去に事故った話をしているうちに・・・
やっぱり顔を見て話したい欲求にかられた女3人。

顔を見ると嬉しい、安心。
固定概念にとらわれていた自分がお友達との会話によって解放されていく。
リモート出来る時代って素晴らしい°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°


コロナ禍の中、会話をすること、人と繋がることが減ってしまい、『ありがたいこと』をつい忘れてしまっていることに気づかされました。

繋がれる人がいることは『ありがたいこと』です。

繋がりを絶やさないための努力や気づかいも必要ですから、億劫になる方もいるかもしれません。

私は幅広い交際範囲がある人間ではありませんが、新しい出会いも大切にしつつ、
繋がっている人との縁も大切に守っていきたいと実感した日なのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました