スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニトリの珪藻土商品を返品してきました。返品の際の注意点

スポンサーリンク
くらしの日記

我が家でも愛用していた珪藻土バスマット
返品商品の見分け方はこちら

現金で返金されました。また、後日お店で使える商品券が郵送されるとのことでした。
待ち時間はかなりあるので、時間に余裕を持って来店するべきかと思います。

まずは対象商品化をしっかりと見分ける

まずはこちらで該当商品化をしっかりと見極めましょう。

我が家で愛用していた商品は↓このバスマット。

バスマットの場合、対角線が65㎝以上というのがポイント。

対象商品でしたので、ニトリさんの指示通りビニール袋を2重にしてテープで止めて持参しました。

ここで注意したいのは、店舗ではビニール袋を開封して中身を一つ一つ確認するという、地味で、地獄な作業をスタッフさんがされているので、テープでぐるぐる巻きにしてしまうと、ニトリさん側の確認作業に手間がかかります。

実際、頑丈にテープでぐるぐる巻きにしているお客様もいらして、中身を取り出すだけでも時間が掛かっていました。

余計な待ち時間が発生するので、2か所くらいテープで止めていく程度で大丈夫かと思います。

店舗持ち込みの場合、待ち時間は長いので要注意!

店舗に10時30分に到着しましたが、すでに8名待ち。

店舗では4名のスタッフが確認し返金作業をしていました。

スタッフさんが1つの商品をビニールから取り出して、対象商品かをしっかり確認してから、伝票を作成→返金→領収書にサインをもらう。

この作業だけでも10分以上かかりました。

順番を待つこと20分、更に確認し返金作業まで10分。返金作業に10分と計40分もの時間が掛かりました。

持ち込む場合は10時の開店を目掛けて行くのが待ち時間を短くするコツといえると思います。

スタッフさんも、まだ返品作業に手慣れていないようでしたし、丁寧に対応してくださっているので待ち時間は相当なものです。

順番に呼ばれるので、店内を見て時間を潰す・・という訳にもいきません。


また、対象商品でないものを持参してしまうとただ時間を無駄にするだけですので、ニトリさんの対象商品確認ページでよく確認したうえで持参するのは必須です。

スタッフさんはしっかりサイズや色等をチェックされています。

現金で返金されたのち、後日商品券が贈られるらしい

私が購入した珪藻土バスマットの定価は1,745円でしたのでそのまま現金で返金されました。

スタッフさんから、後日お店で使える商品券が郵送されますと言われました。

ホントかな?

期待して待つこととします。

2年ほど前に購入したのですが、端は少し欠けていたのが心配

私が愛用していた珪藻土バスマットは、端っこが少し欠けていたのです。
アスベストと聞くと過去に怖い事例もありましたし、1号のお友達のおじいちゃんもアスベストが原因で苦しんでいると聞いていたものですから、心配💦

しかし珪藻土バスマットは本当に便利で心から愛用していた商品なのです。

数年前はかなり高価でしたが、ニトリさんで安価で販売されていたので即買いし愛用していました。

今回のことで心配にはなりましたが、北海道発の企業ニトリ

私はニトリを応援しています(*^^*)
昔から地元にある家具屋さんですもの♪

我が家にもニトリの商品はかなりありますし最近ではデザインも洗練されてきて、安くて便利な商品がたくさんあります。


似鳥 昭雄会長も大好きなので、このようなニュースは残念ですが、負けずに頑張って欲しい!!

そして、私もまたニトリでお買い物を楽しみたいと思っています♪


コメント

タイトルとURLをコピーしました