スポンサーリンク
スポンサーリンク

壊れたswitchと自律神経が乱れる私

スポンサーリンク
うちのくらし

2号(息子10歳)の任天堂switchが、ゲームソフトを差し込んでも読み込まない状態になりました。
私は、ゲームに関しては全く無知なため相談されても分かりません。

分かりたいとも思っていない(^^;

こんな時に出張で夫はいない。
いたとしても夫なら「壊れたら捨てれ」と言い放ち終了だろうな(-_-;)


2号は必死になんとかならないかソフトを抜いたり差したりを繰り返し。
そんな姿を見ていると可哀想になってくる結局甘い私。

任天堂の修理受付までの道のりが長い

2号と私でググって調べたものの、結局修理へ出さなければ治らないことが分かりました。

修理の受付も全てメールでやりとり。
この世の中、インターネットが出来なければ何も受け付けてくれない時代ですよね。

アカウント登録、パスワード登録、メールアドレス登録・・・

もうヤダーーーーーーーー!!!

パスワードを何にしていたかも忘れて、【パスワードを忘れた方はこちら】に促されてまた設定のやり直しをする羽目になったり。

便利になんかなっていない。

便利になったのは企業の方で、私達庶民は不便です。
修理に出したくても、アカウント登録から始まって1時間は時間を取られて、「あ、間違えた」で最初からやり直しで。

キーーーーーーーッ!!!イラつく。

そもそもゲームの事が理解出来ていないから、コントローラー?スティック?何なんだか・・。

イラつく私の横で、悲しい顔でたたずむ2号。

uchi
uchi

落としたり乱暴に扱うからこうなるんじゃないの!

2号
2号

ごめんなさい・・

こういうの、八つ当たりって言うの。
ごめん2号。

君は普段からわりと頑張っているのにね。

こんな時に、「大丈夫だよ。すぐに修理にだして治るからね。」と優しく言える母親になりたいものだが、そうならないのが現実。

ヤマト便で修理センターへ発送

なんとか修理受付し、メールで修理受付番号を受け取り、番号を記入して梱包作業。

靴の空き箱を探して、緩衝材を入れて梱包しクロネコヤマトへGO🚙

京都府の修理受付施設まで、運賃1,600円??高い・・・。

きっと修理代も高くつくのだろう。

コロナ禍だから、3週間は掛かるだろうに。
クリスマスプレゼントのゲームソフトはすでに購入して渡していたのだが、クリスマスが過ぎても遊べないでしょう。

札幌市内の修理してもらえそうな業者を探しましたが、12,000円と言われてしまい・・。
なんでもお金が掛かるのね( ;∀;)

switchが無くても何かして遊んでいるなら、無くても良い?

結局、switchが無くなってもYouTube、ギター、ダンス、ピアノ、漫画と何かしら遊んでいる2号。

こんなに私がイライラするなら、そもそも必要ない気もする。

持たせた私が悪かったのかも。

2号は学校から帰るとswitchを持ってお友達の家へ直行。
もしくはお友達が我が家へ直行。

大興奮で遊んでいる。

通信しながらクラスのお友達とフォートナイトをしているときの2号は毎回とても楽しそう。
大声で笑い、叫び、興奮してお友達と話しながらゲームしている。

今日から3週間、いや1カ月くらいは帰らないswitch。

このまま永遠に帰らなくても良いのでは?と思えてきた。


お友達が遊びに来た時に、「やらせてくれ~」とせがむか、指をくわえて覗いているか・・。

指をくわえて羨ましそうに見ているに違いない。

その姿を見たらきっと修理から戻ったswitchを渡してしまうだろうなぁ。

でも、帰ってきてもしばらく黙っていようかな。

ゲームは楽しいだろうけど、ギターやピアノを弾いている2号の姿を見ている方が好きだから。



コメント

タイトルとURLをコピーしました