スポンサーリンク
スポンサーリンク

【更年期40代50代】前髪をつくると若く見えるのは本当だった。

スポンサーリンク
更年期のこと

40歳を過ぎた頃から前髪は伸ばしていました。
なぜなら、前髪が薄くなってきている(>_<)と日に日に気になるようになっていたから。

どんどん薄くなる前髪を見るたびに、老いへの恐怖感がざわざわ。
ならば、潔くおでこを出していたほうが気にならないわと、8年間伸ばし続けておりました。

潔く出したおでこ。
そして、どんどん広くなるおでこ

おでこを出すと顔面積が増えるので、印象が明るく見えるのは事実。
ロングヘアーにしているので、アイロンで巻くとエレガントな印象に見えます。


しかし

広くなり続けるおでこと同時に、更に追い打ちをかけてくるのが白髪問題。
おでこを出していると生え際が目立つので1~2か月に一度の美容室へ行く前にセルフで白髪染めが欠かせませんでした。

前髪をつくってみたら若く見えるのは事実だった

美容室で、少しイメチェンしようかという話になり、前髪を作ってみることにしました。

久しぶりの前髪。

前髪は薄くなっているので、かなりトップの位置からカットしてもらいました。

完成した前髪は、若かりし頃に比べると、まぁ薄いことったら!
美容師さんの技術で8年ぶりに前髪を復活させてみました。

最近、韓流ブームから薄い前髪が偶然流行っていたらしいけれど。

前髪を作ると良かったことがありました。

  • まとめ髪にした時に前髪のアレンジができる
  • 白髪染めをする頻度は減る
  • 小顔に見える
  • 見た目の印象が幼く感じるらしい

髪の毛をひとつにまとめた時に、前髪があるとより小顔に見えるし、アレンジしやすいです。
大好きなお団子ヘアをしても、前髪がメリハリになります。

白髪染めをした直後、2週間以内ならお団子にすることが出来ました♪

これから夏に向けて、お団子ヘアーを楽しみたいと思います。

昔に比べると小さなお団子になってしまったけれど。


気になるのが生え際の白髪なんです。

前髪があると、生え際は目立たない。

いつもは、美容室で染めた後、2週間が過ぎると気になっていた生え際の白髪でしたが、3週間、気にならず過ごせました。

この1週間の差は意外とデカイ。

美容室へ行ってから今日で約1か月。
いつもよりも、1週間遅くセルフ白髪染めを実行。

気にならない期間が少しでも長いと心の負担も減るものです。

さらに、小顔効果は抜群でした。
まとめ髪をしても、おろしていても、顔が小さく見えると言われました(*‘∀‘)

おでこが出ていると、見えている面積が広い分だけ顔は大きく見えてしまうのかもしれません。

さらに、さらに、

おでこ全開だった顔→前髪を作った顔に変わると、幼く見える。
つまり、若く見えるんですね。

48歳でもそう見えるのですから不思議。

顔の縦の長さが短くなるので、童顔に見えるという理屈。

「若く見えます。イイですね。」

若く見える=老けているから

なんだけど、言われたら素直に嬉しいです。

素直さはいくつになっても大切。

実際、48歳の女が童顔になったと言われても違和感があるけれど、多少若く見えるのは事実でした。

後ろ姿は20代?鼻で笑われたけど。

先日、学校で生徒に20代の先生と間違われたのです( *´艸`)

後ろ姿ですけどね。

22歳と間違われて浮足立つ48歳。

「とってもイイ子ね。」と称賛した私。



ニヤニヤしていたら、近くにいた男性教諭が

「あの子は少しボーッとしているタイプの子なんです。フフッ(笑)」

「・・・。」

ボーっとしているタイプの子だから、22歳と48歳の後ろ姿を間違えたんだよって事かね?

鼻で笑ったね?

私も笑っちゃったけど、後ろ姿は20代なんて、目の錯覚だろうが何だろうが笑っちゃうくらい嬉しいよ~。

すぐに仲良しの方々に報告して笑いを誘いました。

試行錯誤しながら受け入れる心の準備をする

白髪も何もかも受け入れて自然な状態で過ごせたらどんなに楽だろうかと思います。

生えてくる白髪をそのまま伸ばし続けていたら、どんな風になるのか試してみたい気は少しだけあるのです。

こんな気持ちはごく最近湧いてきている気持ち。

30代後半に初めての白髪を見つけ、40代に入るとカラーリングから白髪染めへとスライド。

この10年で髪の毛に対する不安は一気に増えました。


実際自分の心の中で、他人から若く見られたい、よく見られたいという気持ちはだんだん薄れてきています。

多少の煩悩はあるけれど。


自分自身の中で老いを受け入れ切れていない。

これが事実。

もう少し頑張れば、何とかなるんじゃないかと試行錯誤しながらバタバタしているのが現実です。

もう少ししがみついていたい。

あと、10年?
仕事を続けている間?

60代、70代?

シルバーヘアーへの憧れの気持ちを持っているので、どの時点で自分の気持ちが動くのか少し未来が楽しみ。

今のところはまだ、白髪に諦めがついてはいないというより、その勇気を持ち合わせていません。

でも、きっと来ると思います。
いつか、よし!シルバーヘアーへ切り替えようと思う時がきっと来る。

その時が来たら、あんな洋服を纏いたい、真っ赤な口紅を塗りたい、そんなイメージもうっすらと持ち合わせています。

こんな風にぼんやりと考えながら、少しずつ心の準備を整えていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました