スポンサーリンク
スポンサーリンク

息子のチック症が治った♪しかも1日で!

スポンサーリンク
2号のこと

2号は小学校に入った頃から、チック症の症状が見られるようになりました。
口をとがらせて目をキュッと閉じるしぐさを一日に何度もするようなったのです。

1年生から4年生までの4年間、気になりつつも言わないように放置していたのですが、あることがきっかけで、なんと1日で治ったのです。

お子様のチック症状で悩んでいる方もいるかもしれませんがuchiの場合はこんな感じでした。

2号のチック症状の歴史

2号は典型的な運動性チック症状です。

  • 【第1段階】小学1年生の頃、急に口をとがらせて目をパチパチを2秒間くらい。勉強している時も話をしている時も、ご飯を食べていても朝から晩まで四六時中。
  • 【第2段階】小学3年生の頃、急速に首を2秒間くらい振り出す。その瞬間から口と目のパチパチはしなくなった。回数は第1段階よりも少なくなったが1日に何度か。急にやり出すのでこっちがびっくりする、若干怖い・・(笑)
  • 【第3段階】小学4年生(今年に入ってから)口をへの字にして首の筋を突っ張らせる症状に変わる。急速に首を振ることは一切しなくなった。首は振らなくなったが口の動きの方がお手軽なのか第1段階と同じくらいに四六時中やるようになりました。


チック症状の変化には振り返ると理由があったように思います。

1年生の頃、6月に運動会が開催されました。それに伴い口をとがらせて目をぱちぱちする行動が始まった気がします。

通っていた保育園は遊び重視の園でしたので、お昼寝が終わればずっと外で遊んでいました。
小学校の行事では集団行動が重視されるので、落ち着きのない2号にとってはストレスだったのかもしれません。

1年生の11月には学習発表会の練習が始まりました。2号は主役に抜擢され、最後に全員で歌うピアノ伴奏もすることになりました。
最初は飛び上がって喜んでいたのですが練習が始まると・・・。

2号
2号

みんなが休憩している時もずっとステージにいるから主役やるんじゃなかった。オレだけ休憩できない。

uchi
uchi

そんなに休憩したかったのかい・・。

ピアノ伴奏というプレッシャーもあったのか、時々頭が痛いと保健室に行くこともあったようです。

uchi
uchi

プレッシャーに弱いのか?

帰宅してから口をとがらせて目をパチパチする症状も増えていました。

2年生の頃には胆振東部地震があり3日間ほど停電になりました。
もともと暗い場所やお化けが大嫌いな怖がりな性格なので、地震はもちろん電気が付かない夜はかなり恐怖だったと思います。

環境に変化がある時には、必ずチック症状は普段より増し増しになっていました。

3年生になってダンスを習い始めました。発表会のためにステージで踊る日が近づくと急に首を左右に振り出しました。

uchi
uchi

なにそれ?大丈夫??


最初はダンスの振り付けなのか?と思っていました。

いつも落ち着きがなく、自宅はもちろんのことドン・キホーテ、イオン、まぁどこにいてもダンスの動きを常にしているのです。
その合間の一瞬で、首を左右に振るので、ダンス??と思ってしまうくらいでした。

uchi
uchi

その動き、見てるこっちが疲れるわ。

4年生になるとコロナのおかげでマスクが必須になりました。

すると今度は首を振る動きは一瞬で治まり、口をへの字にして首の筋を突っ張らせる動きに変わりました。
担任の先生に話すと

先生
先生

マスクが嫌いで耳に掛けたり、あごにしていることが多く、その度に周りのお友達から何度も注意されているんです。


想像はつきました。
2号はおしゃべりだし授業中も積極的に発言するタイプ。

マスクを顎に掛けていたらそりゃ目立つだろうし、一斉にお友達が指摘するでしょうね~。(納得と当然)

本当に不思議なのですが、その動きは一度新しい動きに変わると以前の動きは一切しなくなるのです。

見事に一日で変わるのです。

本当に不思議。

昨日まで一日に何度も同じ動きをしていたのに、今日になったらまったく違う動きになってまたしばらく続く。

旧バージョンから新バージョンにアップグレードされるの感じです。


もはやストレスですか?癖ですか?どちらか分からない。

チックの原因はストレス、そしてほったらかしの4年間

チック症の原因はストレスだそうです。


私が一貫していたのは「放っておいた」それだけ。

私の従弟が小さい頃チック症だったけれどそのうち治っていたのを見ていたのと、その頃「本人にあまり言わない方が良い」と親から言われていたので、なんとなく言わない方が良いのかな?と思っていました。


症状が出始めたた頃は、もちろんネット検索しましたがあまり良い事は書いていないし、何よりも一日に何回もやるのでその度に注意するのは面倒くさかった。

uchi
uchi

そのうち治るでしょう・・・(´・_・`)


そう思っていたら、なんと4年も経過していたことに自分が驚いています。
そんなに放置していたのか・・・。

子供の成長早過ぎ!ってか自分放置し過ぎ(;゚Д゚)

先生のアドバイスをやってみた

私は学校に勤務しています。事務補助的な仕事ですが、周りにたくさん先生がいます。

雑談の中で、特別支援学級の先生に2号にチック症状があることを軽く話したところ

F先生
F先生

タイミングが大事なんですよ。強く言ったことはありますか?

uchi
uchi

無いんです。でも、ちょっとやってみますね。

考えてみれば、強く注意したことなど無かった。
むしろ言わない方が良いのかなと思っていたので放っておいたと言っても過言ではない。

症状に変化がある時はすぐに気づいていましたが(目の前にいるので当然なのですが)強く言うのは可愛そうかな?と思っていたので、夫や1号に動きが変わったことを報告する程度でした。


もちろん何度か「どうしてその動きをやるのか?」尋ねたことはあります。

2号
2号

なんかやっちゃう。やりたくなっちゃうんだよね。やると落ち着く。気づいたらやってる。

そんな質問をしていると、その度に1号が

1号
1号

なんかさぁ、可哀想だから言わない方が良くない?

uchi
uchi

はぁぃ・・。じゃぁ見守りますぅ。

しかし、今回は支援学級の先生の言葉もありちょっと試してみようよと1号にも「今日は強く言うからね」と説明し、夕食時にそのタイミングを見計らっていました。


やった!!当然いつものことだけど
ヨッシャー♪待ってましたとばかりに(^^)

uchi
uchi

2号!それもうやめなさい。
顔を動かすのはやめなさい。
見ていてすごく気になるから、や・め・な・さ・い!!

2号
2号

・・・。うん。

1号
1号

その程度の言い方で治るのかなぁ?

半信半疑でしたが、夕食中は一度も首筋は突っ張らかさなかったのです。

そうなると、次にいつやるのかを観察してしまうものです。
4年間もほったらかしにしていたくせに、急に2号がいつチックをするかが気になって仕方ない。

まだ、やらないなぁ。

ちょっと口が動くかな?
あら?やらない。

やりそうだけど、耐えてるの??

やらない。我慢しているのかい?

むしろ気持ちは

こいよっ!こいよっ!と渡部篤郎風にチックを待っている私。

2号
2号

なに?そんなに見ないでくれる?

その日は一度もチックをしませんでした。

タイミングが功を奏す

次の日、さっそく先生に報告。

uchi
uchi

強めにやめるように言ったら急にやらなくなったんです。

F先生
F先生

きっとタイミングが良かったんですよ。そのまま見守りましょう♪

uchi
uchi

今まで言わなかったから・・。
私の育て方が悪かったのかしら・・。

F先生
F先生

親の育て方は関係ないんですよ。特に男の子は多いです。

自分を責めてしまうのがママあるある。
子育てで自分を責めだすと、どんどん暗黒の世界へ落ちていくものです。

もっとこうすれば良かったの?
じゃぁどうすれば良かったの?
私が悪かったの?もっと悪くなったらどうしよう・・(/_;)

モヤモヤしてくるわ・・・。

私はすぐそうなっちゃうタイプなんです(´・_・`)


どんより暗い顔をしているママに子供は余計不安になりますよね。
気になりだすと止まらないの。


そんな不安もキッパリ否定してくれて、安心を与えてくれるのはやはり知識のある特別支援学級の先生の力でした。
感謝感謝でございます♪


チック症状は男の子の方が断然に多いそうです。
そして、男の子は繊細なんですって(*^^*)


周りからどう見えるのかを意識できる10歳という年齢も良かったのかもしれません。

今まで一度も強めに言ったことは無かったので、本人もちょっと驚いたでしょうし嫌な気持ちにもなったでしょうが、気をつけようと意識したことは確かです。

まさにタイミングが良かったのです。

それから数日経過しましたが、たまに口は動かそうとはするものの、動かさないんです。
チック症状は今のところ治まっています。

でもたまにやりたくなるのか、ノートパソコンの向こう側で顔を隠して1回やっているのを発見👀(笑)


このくらいの気持ちでいられたのは2号が2人目の子供で更に年の離れた弟だったからということもあります。

2人目という心の余裕がなんとなく放っておけたのでしょう。

これが1号だったら心配で病院を受診していたかもしれません。


しかし、チックが治まったからといって、2号の落ち着きのなさが治まったわけではありません。


相変わらず、話をしている時も注意をしている時でもダンスをして体を動かしている~(-゛-;)~
スーパーに行ってもお菓子を選びながら踊っている。


私についてくる時も踊りながら、レジを待っている時もムーンウォークしながら少しずつ動いている。

その動きに心の余裕は持てないわ!!

uchi
uchi

それさぁ、学校で先生と話している時にやっていないだろうね!!(`ω´怒)

2号
2号

やってない。

uchi
uchi

絶対やってるだろーが!(`ω´怒)


で、それも早速F先生にご相談。

F先生
F先生

それは病気じゃない。性格です。

はい。

子供の明るさに支えられている私

4年もの長い間、続いていたチック症状。
大人になれば治まるらしいですが、自分の子供だったら気になりますよね。

私も放置はしていたものの、時折「いつ治まるのかな?」と心配ではありました。

そこまで心配していなかったのは2号はいつでも明るかったし、その年齢らしい元気で無邪気な男の子だったからだと思います。

落ち着きは他の子と比べてもない方だと自信を持って言えるので、チック症状も「落ち着きがない子ってこうなのかな?」くらいに思っていたのもあります。

ただ、その明るさや無邪気さが私を支えてくれているは事実です。
心配なことがあっても、元気で笑っている姿を見ると穏やかな気持ちになるものです。


2号は小学1年生頃からの発症でしたが、もっと小さい年齢から発症していたら、私自身の心配の度合いも大きかったかもしれません。

今、私と同じように心配しているママもいるかもしれませんが「タイミングがあるから、大丈夫だよ」と言ってあげたい気持ちです。


私もそう言われたことで心は軽くなれたのですから。

木の上に立って見るのが「親」
保育園の園長先生が私にくれた言葉です。


いつも穏やかに見守っていられる親になりたい。
私は、まだまだ「親」半人前にもなれていませんが(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました