スポンサーリンク
スポンサーリンク

植松努さんに勇気づけられている私 思いは招く どーせ無理には負けないで

スポンサーリンク
子育てで思うこと

私の大好きな植松努さんのブログにこんなことが書いてありました。

できるだけ多くの企業が、採用条件から「大卒」を外せばいいです。 学歴なんかを閾値にしないで、もっとちゃんと面接しようよ。 ただそれだけで、無駄に大学に行く必要が無くなります。 学費に使われるはずだったお金は、別なことに使われるようになります。 学生達は、奨学ローンの返済の心配も無くなります。 本来は、学べば学ぶほど、人生は豊かになり、幸せになるはずなのに、 そうなっていないのは、「学ぶ」を間違えているからです。 お金をかけて進学しても、生活が厳しいのは、 進学の費用対効果が低下しているからです。 「学ぶ」「学力」とは、教えられたことを覚える力ではありません。 自分で疑問を感じて、自分で考えて、自分で調べる力です。 そして、人生の時間とお金は、教えてもらうことに使うのではなく、 学ぶことに使うといいです。 そもそも、大学卒業してからの方が、はるかに学ぶことは多いんだよ。 目を覚まそうよ。 もうちょっと、優しく生きられる社会にしようよ。

植松努のブログより

私も同感なのです。
奨学金を背負って働いている若者は現在の職場にも、過去の職場にもたくさんいました。
「豊かに生きる」とはどういう事なんだろうか・・と思います。


数年前に初めて植松努さんに出会ったのはこちらの動画でした。
初めてこの動画を見た時には胸が熱くなり涙が溢れたのと同時に北海道にこんなに凄い方が住んでいるんだと感激しました。

温かい話し方の奥には強い信念を感じます。

Hope invites | Tsutomu Uematsu | TEDxSapporo

今できない事を追いかけるのが夢。

人の出会いには意味がある。
どーせ無理って言わないで。

やったことないことをやってみる。
できる理由を考える。
だったらこうしてみたら?

どれも強く心に響く言葉たち。

溜息のゆくえ

ここ最近、毎日出るため息( ̄Д)=3

原因は1号の進学のこと。

私が今一番欲しい物それは、1号の学力。
あぁ、こんな時に何もできないのが親なのかしら。無力な自分です。


彼女の人生はまだまだこれから。
何をやっても生きていけるだろうと思います。

親としては結果がすぐ欲しい(笑)
でも、
どーせ無理とは言いたくないよね。


ここ良いかもねと1号が考えた大学もあったのですが、金額を見て二人で唖然。

学費と生活費を工面すると1千万円以上にw(゜o゜)w
い、いっせんまん??

偏差値はとんでもなく低いのに?
お金持ちならポイっと出せる?
学ぶためにはお金が必要、この現実。

「どーせ無理」じゃなくて、「我が家の家計では無理」(笑)

私の進学先ではないので、本人の意向が大事です。
だったらどうしようか・・?と考えて何校か絞り受験へ向けて頑張りましょうモードへ。


1号の想いは私が聞けば甘いなと思う事もありますし、勉強に苦手意識もあるのですが、壁にぶつかって傷ついてもそれを乗り越えて自分の人生を切り開いてほしいと思います。

結果がどうであれ、またその時に「だったらどーする?」と考えますかε=(。・д・。)フー

1号の中にある夢に対しての熱い想いを応援したいのです。

思いは招く
思ったらそうなるよと私も子供たちに伝えたい。

失敗したら、だったらどうしようか?と考えるのも1号自身であり、私はそれに対してのアドバイスをすれば良いのかなと。


そう思えば溜息をつく必要などない。未来しかないのだから。
溜息よ飛んでゆけ~ノヾィノヾィ!(o‘∀‘o)ノ))

自信を無くした時にいつも勇気をくれる植松さんの言葉

しかし現実は厳しい。

私は弱い人間です。
自信もありません。

溜息の帰宅は早い。
帰って来て欲しい夫は長期出張で帰ってこないのに、溜息はすぐに帰ってくる。

家族や周りのお友達、職場の方々にいつも励まされたり、アドバイスをいただいたり、何より元気をもらっています。

歳を重ねるごとにそのありがたさを感じています。

私自身のことなら決められるけれど、子供は私じゃないからヤキモキ。

我が子のことになると、どの選択が正解なのか分からなくなるのです。

私じゃないんだから当然です。だいたい私自身のことも分かっちゃいないのに。
より良い道を歩んで欲しいと思ってしまう。

でも、より良い道なんてある?どんな道だ?
失敗して学んでいくものなのでしょう。
自分もそうであったように。

そんな時にいつも植松さんの言葉が安定剤になっています。

「無理なんじゃないの?」
実際は何度か1号に言ったことのある言葉。
分かっていても心の弱い私は、つい口走ってしまうのです。

応援しているはずなのに、不安からつい出てしまう言葉。

その度に植松さんのブログや動画を見ては、自分の浅はかさに自己嫌悪。
子供に対して意見を押し付けていないか?「おっとっと」と自分にブレーキ。

uchi
uchi

いかんいかん。植松さんの言う通り。忘れるな!自分!

言葉って凄いなぁ。
植松さんの言葉に何度励まされたか分かりません。

こんな風に自分の中で熱くなったり落ち込んでみたり・・・。
私の喜怒哀楽の激しさから17歳になった1号は、私よりずっと冷静。

そもそも私の話など右から左で聞いちゃいないのかもしれません(;^ω^)

やったことないことをやってみる

私も最近始めたブログ。
私自身の「やったことないこと」をやりはじめています。

知識ゼロのところからのスタートですからスムーズになど進める訳もありません。
WordPressから始めるんじゃなかった・・・。
私には難しすぎる。記事一つ書けない。

どうでも良い文章が書けても設定が出来ない。

気がついたら毎晩0時過ぎている日々。

何をするにも、一回一回ググる、ググっても今度は書いてある言葉の意味がチンプンカンプン。その言葉をまた調べてと・・・永遠に繰り返しです。

ウィジェット?プラグイン?意味不明な言葉が押し寄せてきて、「あぁそうか」と思ってもすぐ忘れるからまたググって、ノートにメモる。
そしてメモしたことも忘れてまたググる。

そんなことをしているうちにあっという間に1時間や2時間過ぎてしまします。

しかしブログを始めてまず驚いた事は、Googleの検索機能の凄さと、私の疑問の答えは必ず誰かが分かりやすく説明記事を掲載してくれていることです。
説明記事に小難しい言葉を気取って使っている方はいません。

小学校高学年くらいになれば理解できるのでは?と思えるくらい。
アホな私でも十分に理解できるように書かれています。

感謝感謝なのです。

uchi
uchi

誰か読んでくれている人いるのかしら?

お友達数人は読んでくれたらしく、超嬉しい(ノ≧∀)ノわぁ~い♪
ただの自己満足でどーでも良いことばかりなのですが、読んでくれている人がいると本当に励みになるものです。
(人”▽`)ありがとう☆ございます。

まぁ、いつまで続くかも分かりませんが、今のところわりと楽しい♬
面倒臭いことは嫌いなのだけれども、「どーせ無理」と諦めずやってみようかな。

子供たちにもそう言っているのだから。
植松さんの心からの言葉、こんな私にも伝わっているんですよ~。


植松さんは私のことなど知らないでしょうが、言いたい!!


いつも心に響く言葉を本当にありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました