スポンサーリンク
スポンサーリンク

札幌テイネスキー場へ行ってきました

スポンサーリンク
北海道のこと

札幌市内にあるスキー場の代表格といえばサッポロテイネスキー場
札幌テイネのホームページの映像は毎年美しくて大好きなのです。
山頂から石狩湾と札幌市内を見下ろす映像はとても美しい景色です。

お時間があるならぜひホームページをチェックして映像を見てみて欲しいです(^^♪



市内から車で30分~40分
初心者でも滑りやすいコースがたくさんあり、施設も綺麗です。
レンタルもあるので、手ぶらで行ってもスキーやスノーボードを楽しむことができます。

札幌市内のほとんどの小中学校のスキー授業はテイネスキー場で行われています。

山頂から札幌市内を見下ろしながら滑る、初心者にもやさしいコース

この日はあいにくの曇り空でしたので、山頂からの景色は雲に消されてしまっています(._.)残念。

晴れている時は、空気が澄み切っていて本当に美しい景色なのです。

スキー場が街からとても近い、これは札幌の大きな魅力。

冬の山はとても静かで空気が澄み切っています。
リフトやゴンドラに乗っている時に、息子の息のリズムも聞こえてくるほどなのです。

リフトの下にはキツネかな?リスかな?と思われる足跡が・・。
そんな足跡を目で追いながら、木々に積もった雪の美しさを子供たちと感じられるので、親子で一緒に行ける間はなるべく子供をスキー場へ連れていきたいと思うのです。

リフトやゴンドラに乗っている時間は、ただただ、雪山の景色に心を奪われいます。
雪の重みで枝に積もった雪が落ちる光景や、差し込んだ太陽の光でキラキラ光る山の雪を見ていると、ちょっとした悩み事は小さな事に思えてくるのです。

札幌市内の夜景を見下ろしながら滑る美しさ

夜になると景色は一変し、夜景を望みながら、夜景に向かって滑り降りていくのを体感できます。
スピードに乗って夜景に吸い込まれていくような特別な感覚を味わえるのです。

BGMはユーミンかしら♪

まだ本格的なシーズン前ですので、積雪は少なめですが、去年に比べても今年の積雪量は多いことが予想されていますので、パウダースノーを十分に楽しめそうです。

コロナ禍ということで、スキー場に人は少ない( ;∀;)
また、外国人観光客もいないので、ゴンドラもリフトも1秒も待たずに乗れました。

それはそれで、少し寂しい気もしています。

ロッジのテーブルも半分しか開放されていませんでした。
それでも空席だらけ。
スノーボーダーの若者が数名いるだけでした。

インバウンドが無いのは北海道の観光にはかなりの痛手(;_:)

沢山の観光客で賑わっていたスキー場に早く戻って欲しいなぁ。

それまではソーシャルディスタンスを保ちながらスキーも楽しみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました