スポンサーリンク
スポンサーリンク

逃亡者を見て無実の罪をなすりつけられた過去を思い出す

スポンサーリンク
uchiのこと

先日2夜連続で放送されたTVドラマ「逃亡者」
渡辺謙さん主演、豊川悦司さんの刑事役もかっこよかったです。



有能が外科医が突然、第3者の陰謀から妻を殺害したという容疑で殺人犯にされ死刑判決が下される。
移送途中に偶然移送車両が襲撃をうけたことをきっかけに、冤罪をはらすために逃亡者となり事件の真相を自らの手で探るストーリです。

ネタばれになりますが、当然この手のお話のラストは逃亡者の汚名返上。
真犯人は見つかるということで一件落着。


渡辺謙さんはやっぱりかっこよかった

演技はもちろんですが、スタイルも良い!
プライベートで何があろうが、やっぱりかっこよかった(笑)

追うものより、追われるものに感情が奪われてしまいます。

プリズンブレイクでもそうだった(^^;

無実の罪で死刑判決だなんて、冗談じゃないわ!と応援しながら見るのが視聴者心理。

(o‘ω‘o)ん? 

無実の罪・・・?他人事とは思えないわ・・・。

嫌な記憶がよみがえってきた。

無実の罪で犯人にされた経験を思い出す

思い返すこと3年前の春。
職場にて上層部から電話が入り私は上司に呼び出されました。


肖像権の侵害で訴えも辞さない

って言われているけど、uchiさん思い当たることある?
Aさんという方をご存じですか?

uchi
uchi

思い当たることはないです。知らない人です。超怖いんですけど・・・(T_T)

Aさんとは面識もなく名前も知らない。
Aさんも私の顔は知らないはず。

共通点は仕事の組織が一緒なのです。それなりに大きな組織ですからお会いしたことのない方の方が多いです。

組織というと闇の組織を思い浮かべちゃいますが、ごく普通の職場です(*’▽’)


私がAさんのご家族の動画を撮影して拡散しているので肖像権の侵害で訴えも辞さないと主張されているとのこと。



動画が撮影された日時に、私は100名を超える人たちの前でちょっとしたご挨拶のスピーチをしている真っ最中。確固たる証拠がありました。
上司も人事担当者もその事を知っていたので、Aさんが何を言い出しているのか理解不能だったのです。


私がもしその時間に動画を撮影することが出来るとしたら・・・
山村美紗サスペンスや西村京太郎サスペンスのごとく(例えが古いのはお許しください💦)

裏で誰かが動いて〇時〇分の電車に乗って乗り換えたように見せかけ・・・
黒いサングラスにトレンチコートを着て・・( °Θ °)計画的犯行。



直接言われるのならすぐに誤解も解けるのですが、
Aさん→職場の人事担当部署→職場の上司→私へとオフィシャルに投げ込まれてきた訴え。

ですから、反論したくても 私→職場の上司→職場の人事担当者→Aさんへとちっとも笑えない伝言ゲーム状態。

伝言ゲームも途中で誰かがミスったらまったく違う答えになっちゃうよね。

そのやり取りは数回にわたり、数日かかりました。



なぜ会ったことも無い方から?肖像権の侵害?

uchi
uchi

Aさんって誰??なぜ私の事を知っているのかしら?私は闇の組織に狙われているの?訴えらるの?裁判所に行くの?弁護士雇うお金はない(>_<)

ミッションインポッシブル?
ごく普通な、なんなら普通以下の生活をしているただの主婦が狙われるミッションって、一体どんなミッションだよ。

サスペンスドラマも映画も観るのは好きだけど、非現実的だからこそ引き込まれる世界観。
自分が巻き込まれるなんて、恐ろしいったらありゃしない。


当然と言えば当然ですが、

結局は人違いだったのです。

良かった~勝訴!!(笑)

たまたまAさんの上司は、私の知り合いだったのでその上司が私の無実をはっきりとAさんに伝えてくださったのです。

Aさんの反応は
「あ、uchiさんという人じゃなかったんですね。じゃぁ誰なんですかね?」と、今度は違う人に疑いの目がスライドされただけだっと伺いました。



私に対しては、申し訳ない気持ちはカケラも無かったとのこと。
なんか・・・ショック(._.)


なぜなら、Aさんは自分自身が被害者だと思っているので、私という人間はたまたま名前があがった容疑者の一人。

ドラマや映画でも最初に出てくる容疑者って、すぐに殺されるか、メインとは絡めないチョイ役。


しかし真相は?

Aさんは私の顔も名前も知らないので、誰かがAさんに私の名前を伝えたことになります。

見間違えとはいえ、誰かが私の名前を口にしたところ、名前だけが一人歩きしてしまった。



しかし犯人にされたこちらはたまったもんじゃないのよね~(´Д`)



人を疑い、組織を巻き込んで攻撃してきたのにも関わらず本人からは謝罪の一言もない。
マジか??

ドラマと現実が違うのはこういう所よね。


私は容疑者扱いだったから、失礼なことをしたという意識はなかったのかな。
正義感だけで突っ走った結果でしょう。



この事件で一番の被害者は私じゃない?(笑)




私も心の中では、Aさんに直接電話して謝罪を求める気持ちでしたので、行動に出ようか迷いました。

同じ職場の方々は「絶対に正式に本人から謝罪してもらうべきだ!」と背中を押して下さったのですが…。


その時に相手の立場になって考えてみました。

負けるが勝ち?逃げるが勝ち?

私がAさんに直接謝罪してほしいと電話を入れたとしましょう。

あらぬ疑いを掛けられて非常に迷惑し傷ついたと、こちら側の状況を説明して怒りをぶつけたと仮定しましょう。

Aさんは自分の失敗に気づき、ご迷惑をかけてしまったと思うでしょう。

ご主人が精神的に不安定な状態ならば、さらに不安定になって良からぬ方向へ進んでしまったら・・?
そのきっかけにはなりたくないなぁ。(きっかけを作ったのは本人だから自業自得なんだけど)

自分が傷ついたからといって、ご家庭の状況を聞いてしまった以上、正義感を振りかざして謝罪を求める!と言うことが果たして正しい選択なのだろうか。それでのちのち良からぬ事が起きてしまったとしても本当に自分の気持ちはスッキリすることが出来るのかな?

色々な状況を想像して更に妄想もしてみた結果、傷ついたこの気持ちをAさんが知る事がなくても、やっぱり終止符を打つことを決めました。

その後、風の噂でAさんのことを知る機会があったのですが、やはり私の決断は間違えていなかったと思いました。




Aさんも少し考えて行動することはできたはずです。
お会いしたことも、名前さえ知らなかった私を犯人に仕立て上げる想像しか出来なかったなんて・・・。なぜ「もし違ったら・・?」の想像力が無かったのかな?


昔のお笑いのコントのネタや学園ドラマで、「給食費を盗んだ奴は目をつぶって手をあげろ!」と言いながらも、盗みなどしていない貧乏な家庭の子供を犯人扱いにする教師。だとしたら、貧乏な子供役は私だわ(;_;)/~~~
安達祐実さんなみの演技で主役を食ってやろうかしら(笑)


正義感は時として刃となり人を深く傷つけることを知らない人間の行動かなと思ってしまいます。
自分も気を付けなければ(@_@;)


濡れ衣をかけた方は忘れるが、かけられた方が忘れない

「逃亡者」のドラマの中では真犯人が見つかり、一件落着です。

しかし私は、この悪夢をふと思い出すことがあります。
嫌な思い出です。


小さな幸せを大切に静かに生きていても、突然追突される自動車事故のように災難はやってくるものです。

この濡れ衣事件の時に、周りの友人にとても助けられました。

事情を知って調べてくれる友人がいたり、心配してくれたり、話を聞いてくれたり。
どれだけ心が楽になったことでしょう。


Aさんにはそんな話せる友人がいなかったのかもしれません。





同じ組織にいるのでこの先どこかでお会いすることがあるかもしれませんが、私もAさんもお互い顔は知らないのですれ違っても気づかないでしょう。

そう考えると、顔も知らない人間によく疑いをかけられたものだと、益々呆れてしまいます。



まぁ、、人生折り返し地点までくると色々とあるものです(^^;

誰かを疑ったことはありますか?

つまみ食いしたのは誰だ~?冷蔵庫のプリンが無い!食べちゃったのは誰?

子供の「宿題終わった」にはよく疑いの目を向けている私です(^^;



何か小さな事件が日常で起きた場合、お友達に「もしかしてあの人じゃない?」と相談する程度なら理解できます。


第三者を巻き込みオフィシャルで疑いをかけるとなると、かなり勇気のいる行動です。
もし違ったら大変ですもの。


こんな経験はもう二度とごめんですが、過去のこんな経験がこのひとネタになったと思えば・・・まぁ過ぎてしまえばたわいもないことなのでしょうかね。




余談ですが、私と見間違えたであろう動画を撮影していた女性がもし、もしもね、「ため息が出るほどの美人」
だったとしたら??

ちょと嬉しかったかもしれないけれどね・・・。

逆だったら…笑笑 ネタにして笑い飛ばしましょう(^∇^)

実際はそちらもお顔は存じ上げないので。(´∀`*)ウフフ


コメント

タイトルとURLをコピーしました