スポンサーリンク
スポンサーリンク

予約はなんでもお早めに。が常識だったことを思い出す。

スポンサーリンク
ひとりごと

昨日は美容室へ。
白髪染めのメンテナンスデーです。

世の中は予約で成り立っている

定期的に通い続けて33年。


いつも2~3週間前に予約の電話を入れています。
2月の末に電話を入れると

HRさん
HRさん

4月まで予約はいっぱいなんです。

えーーーーーー!!
確かに人気の美容師さん。
でも、1か月間びっちり?

すっかり忘れていたけれど、卒業式に入学式シーズン突入ですものね。
綺麗になりたいのは私だけじゃない。
考えることは皆一緒。

この1年で白髪がとっても気になるようになってきたので、どうしても染めたかった。
しかし他の美容室へ行く気はない。

1か月間はセルフ染めで乗り切りました。

美容室へ行くと

HRさん
HRさん

だからいつも早めに予約入れてと言っているでしょ。この時期は!

はい、その通り。

しかし1号の受験があったので、なかなか予定が立たなかったのです。

考えてみれば、予約はなんだって早めがお得で確実。
飛行機もホテルも早割がある。
病院もレストランも、なんだって予約、予約、予約。

携帯電話会社の店頭も予約。
車検も、電化製品の修理も、予約、予約、予約。

人気の結婚式場も相当早くから予約だったり、なんなら自分の葬儀場に葬式代を積み立てているアレだって言い方を変えれば予約。

世の中、なんでも予約で成り立っている。
そして、予約に振り回されている。

札幌市内に数店舗ある人気の「トリトン」という回転寿司店。
大晦日にお寿司を受け取るため、予約日は大行列。
毎年11月中旬の予約当日の朝。
9時前からの予約を取るために老若男女が寒い寒い中、外に並ぶんですよ。

それだけ安くて美味しくて大人気なのは分かる。
極寒の中、1時間以上並ばないと大晦日のお寿司の予約ができないなんて、苦行だよ。

そこまで並んでいるとは知らず、当日行ってみたことがある私。
大行列を前に、並ぶ気を失った(-_-メ)
並んで買えなかったらダメージが大きすぎる。


ディズニーランドに行ったって、ファストパスの為に大行列だものねぇ。
並びに行っているようなものだもの。
夫も二度と行かない宣言するわ・・・そりゃそうだよね。

そして、人気過ぎると予約もできないっていうのが「ロレックス」
人気モデルを探すのに入荷するかもしれない正規店舗を巡り、毎日のマラソンコースにしているという話題をTVで見ました。「ロレックスマラソン」とか、「デイトナマラソン」というらしいです。

人気モデルを購入できた時がゴールなんだって。
ここまでくると、その根性を尊敬しちゃう。

白髪対策しながらグレーヘアーへ近づけたい

さて、話は戻って、
おでこ、もみあげの生え際が気になる白髪。
ただ、ここ最近は後ろの方にもちらほら出てきたようで。

まとめ髪にした時に、うなじの方にも白髪があると子供達に指摘されてドキッ。

自分で鏡越しに見える範囲であれば部分染めも可能ですが、後ろ髪はさすがに自分では手が回らない💦

あぁ、歳を重ねるというのはこういう事なのね。

美容師HRさんに相談すると、

HRさん
HRさん

そんなもんよ。定期的に、痛まない程度に染めていきましょ。

信頼できる美容師さんがいることは心強い。
彼女は54歳。
私より少しお姉さんです。
美容師という職業柄、お洒落だし見た目も若い。

でも、白髪は隠せないからそろそろベージュ色にしてグレーヘアー対応していくんですって。
私も彼女のヘアスタイルを勉強しながら、60歳を過ぎたらグレーヘアーに近づけていきたいなぁ。

居酒屋uchi、急遽オープン

美容室に行く前にご近所Mちゃんから連絡が来て、LINEで近況報告。
Mちゃんは職場は違えど、職種は同じなので話はつきません。
話したいことがありすぎたので、美容室から帰宅後、居酒屋uchiを急遽オープンすることに。

ご近所のお友達はありがたい。
夜でも歩いて来てくれるのだから、気楽です。

誰かが家に遊びに来てくれることは嬉しい。
大人になる程に、人の家にお邪魔するのはハードルが上がる。

しかし、ご近所さんはいつでもお気軽です。
部屋を隅々まで綺麗にしておく必要もなく、畳んでいない洗濯物がソファにあったとしても、畳みながらお喋りできる、風呂上りでもノーブラでも、私は平気。
相手がどう思っているかは分からないけれど。(笑)



もし、自分がお婆ちゃんになったら、何かあった時の為に自宅の鍵を預けることができるご近所さんを想像してみると・・・数人頭に浮かびます。

頭に浮かぶ人がいることが、ありがたいと思うこの頃。

さぁ、今週は入学式が待っています。新しい年度の始まりですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました