スポンサーリンク
スポンサーリンク

幽霊は本当に怖いのか?2号の頭の中は恐怖心と興味深々?小学生の怖いもの見たさとは

スポンサーリンク
2号のこと

2号(10歳の息子)は小学生になった頃からお化けを怖がるようになりました。

図書室で「学校の怪談」とか「トイレの花子さん」などの怪談話に関する本を読んだことがきっかけです。

怖いもの見たさ

論文がありました。


保育園年少児20名,年中児33名,年長児39名に対して,動物またはお化けが描かれた「怖い」カードと「怖くない」カードを伏せた状態で提示し,どちらか1枚だけ見ることができるとしたら,どちらを見たいかを尋ねる課題(怖いカード選択課題)を行った。

また,見かけ/本当の区別課題,想像/現実の区別課題も併せて行い,関連性について検討した。研究の結果,怖くないカードよりも怖いカードを見ようとする行動は加齢に伴い増加し,そうした行動は特に年長児において想像/現実の区別の認識と関連があることが示された。また,男児は女児よりも怖いものを好む傾向があることが示された。

幼児期における怖いもの見たさの心理の発達:怖いカード選択課題による検討 (jst.go.jp)


怖いけれど、興味がある。
怖いけれど、読みたい。

男の子の方が怖いものが好きなのかな?


好奇心からどんどんページをめくってしまうのでしょう。

ドキドキしながらも読んでいる姿が目に浮かびます。

しかし自宅には本を借りて持ち帰ることはないのです。

家に怖い本が置いてあるのは、やっぱり怖いのかな。

怖いもの見たさの好奇心のせいで、どんどん恐怖のドツボにハマっている2号。

怖いと思う時はこんな時

どんな時が怖いの?

  • 暗いところ
  • シャンプーしている時
  • 自宅の狭い廊下
  • 自分の部屋で電気を消して寝る時

暗くなると幽霊が出てきて自分の周りにいる気がする。
シャンプー中に目をつぶると周りを幽霊に取り囲まれている気がする。

その幽霊ってどんな幽霊?

  • 髪の毛が長い
  • 女性
  • 白い服を着ている
  • 性格は優しい
  • 俺の守護霊だと思う
uchi
uchi

優しい貞子みたいだね。

もちろん、会ったことなど一度もないので2号の頭の中で作られている妄想。

髪の毛が長くて白い服って、定番中のド定番(笑)
守護霊で性格は優しいなんて、自分に都合の良い解釈をしているなぁ。

会ったこともないくせに。

恐怖心から起こる危険な事の方が厄介

好奇心旺盛で、怖いもの見たさから。


それは良いのですが、心配なこともあるのです。

自宅の狭い廊下を猛ダッシュして居間へ飛び込んでくるので危ないったらありゃしない。

身体も大きくなってきているので、壁やドアにぶつかる。


1年程前、車を自宅のガレージに入れて2号と共に車を降り、私がいつもより早めにシャッターのリモコンのスイッチを押してしましました。

閉まったとしてもまたリモコンで開ければ良い。

そう思った私は荷物を車から降ろしていたのですが、

薄暗くなっていく車庫が怖くなった2号。

私の横から急に猛ダッシュ。

母の横にいる安心感よりも、明るい方へ逃げたいという暗闇への恐怖心が勝った瞬間。

閉まりゆくシャッターとおでこが大激突。

みるみるうちにおでこに大きなたんこぶが出来ました。

ゴルフボールくらいの大きさでポッコリと。

漫画みたいに( ゚Д゚)


慌てて脳外科を受診したのです。

幸い大事には至りませんでしたが心臓が止まりそうとはこのことで。

が、もし目に激突していたら・・と嫌な想像をしてゾッとしたのと同時に、

あぁ、この子は怖くなったら母親を置きざりにして逃げるのね。

若干の虚しさも感じた思い出。

ちょっと変わり者?思い立ったら即行動タイプ

2号が3歳の頃、夕食後にふと気づくと部屋にいない。

まさか一人で外へ?

1号と子供部屋や玄関、トイレを探していると、お風呂場からシャワーの音がする。

まさか・・・

3歳児がひとりでシャンプーしてる(笑)

小さい身体で自分でシャンプーしている姿を見てあまりの可愛らしらに笑ってしまいましたが、驚いたのも事実です。

汗をかいたからスッキリ。

2号はそう言っていました。

普通はさ、「ママ、お風呂に入りたい」とか「シャワー浴びたい」とか
ママに一言あるだろ?


普通という概念はない。

自分で決めて行動する事に驚いたのです。

いつも目を離している私のせい?




それが今では、私や1号がシャワーを浴びている時を狙っては慌ててシャンプーをしに入って来る。

1号は18歳。拒絶されて当然です。

仕方なく一人でシャワーを浴びるのですが、バスルームのドアは全開。

荒業。

洗面所は湿気地獄。

さすがに『ドアを閉めて換気扇を回せ!』と怒られる。

旅立つ2号、帰りは早い

2号の部屋には自分のベッドもあり、保育園の頃はひとりで寝ていたのです。

ひとりでシャワーを浴び、ドライヤーで髪の毛を乾かし、眠くなったらひとりで寝る。

たまに遊んでいる途中で眠たくなったのか、テーブルの下とか廊下で寝ているのを発見👀

抱きかかえてベッドへ連れて行ったこともありました。

感情のままに生きていたのかな。

年の差のある姉弟なので、2号にはゆっくり絵本を読みきかせて寝かしつけをすることも少なかったと思います。


小学生になってから、幽霊がいるだの、お化けが怖いだのと言いだし、私の横で寝るようになりました。

uchi
uchi

普通は逆だろ?小学生になってからひとりで寝ろよ。

今日から俺は!
自分の部屋で寝る宣言を堂々と家族の前で宣言し、旅立っていくのですが帰りは早い。

5日目で帰り、
10日目で帰り、
最長でも1か月程度。

2号
2号

今日だけママの横で寝てもいい?

枕を持ってこう言われると、ダメとは言えない母心。



私は2号が横で寝ようが、自分の部屋で寝ようがどちらでも良いのですが、
2号は自分の気持ちの中で自分の部屋で一人で寝るべきだと思っているようです。

早く一人で寝れるようになりたいが、お化けへの恐怖心には勝てない👻


男同士のお友達との会話で「お母さんと一緒に寝てるのはヤバい」「それは赤ちゃんだ」という話になったようで、2号にも男のプライドってやつがあるようです。

なら、図書室で怖い本を読むのをやめれば?とアドバイスしましたが、
クラスでも怪談話の本は人気らしく盛り上がるんですって。

みんな怖いもの見たさ好奇心の塊。

元気に育っている小学生で嬉しい(^^♪

そのうち自然と旅立つでしょう

幽霊はいない
お化けは存在しない

どんなに家族で説得しても、2号の頭の中にいる優しい貞子はしばらく消えることは無いようです。

幽霊が本当にいるのか?いないのか?は人の思う気持ちでそれぞれ。

証明することが物理的に難しいことも、何か原因があってこそ必ず起こっているのでしょう。

しかし年齢を重ねれば重ねるほど、どうでも良い事になります。

他に考えなければいけないことが山ほどある。


時が経てば、夜道を1人で歩くことへの恐怖心だって
幽霊に遭遇することよりも
犯罪に遭遇する方が現実的で恐ろしいことだと知るはずです。

2号はまだまだ守られている存在なので、犯罪<幽霊なのでしょう。

2号
2号

5年生になったらさすがに俺はひとりで寝るよ。それはヤバいでしょ。

なんて言っておりますが、どうなることやら?┐(‘~`;)┌

私としては、2号が保育園の頃の方が快適に寝れていたベッド。

夜に寝ながら映画を観たい時に、2号も布団の隙間から覗いて一緒に観てしまうので、
大人の時間の邪魔ではある。

宣言通りに5年生になったら旅立つか?

オムツが取れない赤ちゃんがいないように、そのうち勝手に部屋に行くことは確実なので、それまでは息子の寝顔を横で見ることを楽しみとします。

なによりも、想像力がおおいに育っているのでしょう。
こわいもの見たさは、成長の証。

ただ、怪我だけは気をつけて欲しいと思う、今日この頃です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました