スポンサーリンク
スポンサーリンク

【札幌の美味しい味】麺屋 彩未 SAIMI

スポンサーリンク
おいしい味

麺屋 彩未  

北海道札幌市豊平区美園10条5-3-12
電話/011-820-6511
営業時間/[火・水]11:00~15:15
[木〜日]11:00~15:15、17:00~19:30
定休日/月曜日(祝日の場合も休み)他月2日不定休あり
専用無料駐車場19台

カウンター9席 テーブル席6席うち4人掛け2席、2人掛け4席 人数によっては座席を調整してくれそうです。

麺屋 彩未
★★★★☆ · ラーメン屋 · 美園10条5丁目3−12

わたしの一番好きなラーメン店は彩未

札幌でどこのラーメンがおすすめ?と聞かれたら必ず「彩未」と答えます。
札幌の名店「すみれ」で修行されたご主人の味です。

なので、一番人気は「味噌」。
すりおろした生姜が乗っているのが特徴です。

黄色の太いちぢれ麺に熱々の味噌スープが絡んで、これぞ札幌の味。
チャーシューは柔らかいけれども、柔らか過ぎない。
そこもまた好き。

私の好みですが、柔らかすぎるとチャーシューだか何だか分からないののと、チャーシューを口にするのはラーメンの楽しみの一つでもあります。

チャーシューの量が多すぎてもバランスが悪くて、ワクワク感が無くなってしまう。

柔らか過ぎてもつまらない。
ある程度の歯応えが必要なのです。

彩未の焼豚は1枚と小さくカットされた焼豚が幾つか入っているので、麺と焼豚をそれぞれ楽しんだり、同時に口へ運んだりと、楽しみ方色々。

もやしとネギ、黄色のちぢれ麺麺、チャーシュー、味噌スープが絶妙のバランスなのです。

この日は、味噌と塩を注文しました。辛味噌もかなりおすすめです。

「すみれ」ほど油が多くないのと生姜がサッパリ感を出しているとも思います。

ご主人が魂を込めて作っているんですって。

魂を頂いております(`・ω・´)

開店前に並ぶのがおすすめ

並んでいない時は見たことがありません。
外国人観光客がいないコロナ禍でも、やっぱり並んでいました。

この日は14時頃お伺いしたのですが、2人待ち。
「少ない!超ラッキー」
と、慌てて並んでた途端、後ろに1人、また1人と、私が食べ終わる頃には12人の待ちになっていました。

それでも行列の人数は少ない方です。
インバウンドありの頃はお店をぐるりと長蛇の列。

オープン時間の30分前に行って並ぶのが一番待ち時間が節約できます。

店内には、たくさんのサインが

待っている間は、いつもたくさん飾られているサインを眺めています。
北海道の局のアナウンサーはもちろんですが、キー局もたくさんの取材が来ています。
芸人さんのサインもズラリと。

安住さんのサイン見っけ。
沢山のサインの中でもひときわ輝いて見えます。

美しい字。

マジックで書いたのでしょうが、筆字に見えるくらいに美しい字です。
安住さんの丁寧な人となりが、サインにもあらわれているのでしょうかね。
北海道出身の安住さん。
未だ独身なのが信じられない。

ホームページを見て欲しい

麺屋 彩未 
↑彩未さんのホームページ。

是非ご覧いただきたい。

クオリティが高い。
麺が美しいのです。
焼豚が美しいのです。
ご主人の湯切りがさりげない。
決して大袈裟な湯切りじゃない所が好き。
この謙虚さと丁寧な仕事ぶりが味にあらわれております。

この映像を見ると、脳が味噌ラーメンで埋め尽くされる。
あぁ、またすぐに食べたい、彩未の味噌ラーメン。

もちろん「すみれ」も好きです

彩未のご主人が修行された、札幌の名店「すみれ」も大好きな味です。

ただ、年齢とともに「すみれ」の油が少し重たく感じるようになってきました。

若い頃なら毎日でも食べられたのに。

「すみれ」より「彩未」の方がお店が小さいのでどうしても長い行列ができてしまうのでしょうね。どちらも札幌の超有名店ですから、札幌にお越しの際はぜひぜひ食べていただきたい味いです。

冬に食べたいラーメンですが「彩未」は真冬でも並んでいますので、防寒対策をして行きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました